兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。
会員情報作成
ログイン
初めてのお客様は、
『会員情報作成』から登録をお願い致します。
「恐怖と欲望指数は33に低下」
「恐怖と欲望指数は33に低下」

「恐怖と欲望指数は33に低下」

週末のNY株式市場で主要3指数は揃って続落。
背景は「インフレ上昇への警戒感」との解釈。
S&P500は2月以来の5日続落。
週間ではNYダウは2.15%、S&P500は1.7%、NASDAQは1.61%下落。
S&P500は週間ベースで6月半ば以来の大幅安。
バイデン米大統領が7カ月ぶりに中国の習近平国家主席と電話会談。
これを手掛かりに、主要株価3指数は序盤の取引では上昇する場面もあった。
カリフォルニア州地裁がアプリ開発業者に課している課金ルールを緩和するよう命令。
アップルは3.3%安
8月の卸売物価指数(PPI、最終需要向け財・サービス)は前年同月比8.3%上昇。
比較可能な2010年11月以降で最大の伸び。
市場予想は8.2%上昇。
7月は7.8%上昇していた。
10年債利回りは1.342%と上昇。
2年国債利回りは0.214%。
ドル円は109円台後半。
WTI原油先物は前日比1.58ドル(2.3%)高の69.72ドル。
週間では3週続伸。
SKEW指数は149.97→151.16。
恐怖と欲望指数は42→33と急低下。

週末のNYダウは271ドル(0.78%)安の34607ドルと5日続落。
NASDAQは132ポイント(0.87%)安の15115ポイントと3日続落。
S&P500は34ポイント(0.77%)安の4458ポイントと5日続落。
ダウ輸送株指数は75ポイント安の14366ポイントと4日続落。
SOX指数は0.76%高の3416ポイントと続伸。
VIX指数は20.95と上昇。
合算売買高は100億株(前日93億株、過去20日平均は92億株)。
225先物CME円建ては大証比日中比22円安の29935円。
ドル建ては大証比日中比190円安の29970円。
ドル円は109.93円。
10年国債利回りは1.342%。
2年国債利回りは0.214%。

「日足は9陽連」

週末の日経平均は寄り付き91円高。
終値は373円高の30381円と高値引けで反発。
SQ値30085円に対しては1勝。
日足は9日連続で陽線。
2月16日高値30467円(日中高値39714円)まであと一歩。
週間では1253円の上昇。
2週連続の4ケタ上昇。
週足は3週連続で陽線。
TOPIXは1.29%上昇で反発。
東証マザーズ指数は2.46%上昇で反発。
日経ジャスダック平均は0.95%上昇で反発。
東証1部の売買代金は3兆9281億円(前日3兆761億円)。
32日連続で2兆円超、6日連続で3兆円超。
値上がり1923銘柄(前日706銘柄)。
値下がり222銘柄(前日1363銘柄)。
新高値255銘柄(前日142柄)と3ケタ継続。
新安値1銘柄(前日1銘柄)。
騰落レシオは139.08(前日127.74)。
3月18日の136を上回り、昨年6月10日の141%以来の水準。
その前の6月2日には151%まで上昇した。
NTレシオは14.53倍(前日14.53倍)。
70日連続で14倍台。
サイコロは10勝2敗で83.33%。
右肩上がりの25日線(28283円)からは△7.42%(前日△6.50%)。
10日連続で上回った。
右肩上がりの75日線は28428円。
9日連続で上回った。
右肩上がりの200日線(28431円)からは△6.86%(前日△5.63%)。
7日連続で上回った。
右肩上がりの5日線(30029円)から△1.17%。
10日連続で上回った。
松井証券信用評価損益率速報で売り方▲19.124%(前日▲18.011%)。
買い方▲3.869% (前日▲4.978%)。
マザーズ銘柄ネットストック信用評価損益率で売り方 ▲14.888%(前日▲10.832%)。
買い方▲15.775% (前日▲17.902%)。
空売り比率は44.6%(2日連続で40%超:前日41.7%)。
空売り規制なしの比率は13.7%(前日9.2%)。
日経VIは20.81(前日21.58)。
日経平均採用銘柄の予想PERは13.99倍(前日13.86倍)。
10日連続で13倍台。
前期基準では18.96倍。
EPSは2171円(前日21635)。
225のPBRは1.27倍。
BPSは23922円(前日23816円)
日経平均の益回りは7.15%。
10年国債利回りは0.040%。
東証1部全銘柄だと予想PERは16.49倍。
前期基準では22.36倍。
PBRは1.39倍。
東証1部単純平均株価44円高の2612円。
東証1部売買単価は2643円(前日は2440円)。
東証1部時価総額は775兆円(前日は770兆円)。
16日連続で700兆円台。
ドル建て日経平均は276.45(前日272.60)。
週末のシカゴ225先物円建ては大証日中比225円安の29935円。
高値30350円、安値29845円。
225先物大証夜間取引終値は日中比220円安の29940円。
先物は12月限なので9月配当落ちでの現物との逆ザヤは約182円。
気学では「転機を司る注意日にして、大動きを見ることあり」。
火曜は「一方に偏傾して動くゆえ、波動につくべし」。
水曜は「人気に逆行して前後場偏重を辿る」。
木曜は「大上放れると下押し。安寄りすると高き日なり」。
金曜は「押し込むと戻す日。悪目買い方針良し」。
右肩上りのボリンジャーのプラス2σが30225円。
プラス3σが31196円。
限界水準継続だがボリンジャーバンドは依然右肩上がりに拡散中。
一目均衡の雲の上限が28376円。
下限が27895円。
8日連続で雲の上。
勝手雲の上限は27688円。
下限が27617円。
10日連続で上回った。
10日に白くねじれて勝手雲は急速に右肩上がり。
RSIが91.84(前日89.76)。
RCIが98.90(前日98.08)。

《今日のポイント9月13日》

(1)週末のNY株式市場で主要3指数は揃って続落。
   10年債利回りは1.342%と上昇。
   2年国債利回りは0.214%。
   ドル円は109円台後半。
   SKEW指数は149.97→151.16。
   恐怖と欲望指数は42→33と急低下。

(2)ダウ輸送株指数は75ポイント安の14366ポイントと4日続落。
   SOX指数は0.76%高の3416ポイントと続伸。
   VIX指数は20.95と上昇。
   合算売買高は100億株(前日93億株、過去20日平均は92億株)。
   225先物CME円建ては大証比日中比22円安の29935円。

(3)東証1部の売買代金は3兆9281億円(前日3兆761億円)。
   新高値255銘柄(前日142柄)と3ケタ継続。
   新安値1銘柄(前日1銘柄)。
   騰落レシオは139.08(前日127.74)。
   3月18日の136を上回り、昨年6月10日の141%以来の水準。
   その前の6月2日には151%まで上昇した。
   NTレシオは14.53倍(前日14.53倍)。
   サイコロは10勝2敗で83.33%。


(4)右肩上がりの25日線(28283円)からは△7.42%(前日△6.50%)。
   10日連続で上回った。
   右肩上がりの75日線は28428円。
   9日連続で上回った。
   右肩上がりの200日線(28431円)からは△6.86%(前日△5.63%)。
   7日連続で上回った。
   右肩上がりの5日線(30029円)から△1.17%。
   10日連続で上回った。

(5)松井証券信用評価損益率速報で売り方▲19.124%(前日▲18.011%)。
   買い方▲3.869% (前日▲4.978%)。
   マザーズ銘柄ネットストック信用評価損益率で売り方 ▲14.888%(前日▲10.832%)。
   買い方▲15.775% (前日▲17.902%)。

(6)空売り比率は44.6%(4日ぶりに40%超:前日41.7%)。
   空売り規制なしの比率は13.7%(前日9.2%)。
   日経VIは20.81(前日21.58)。

(7)日経平均採用銘柄の予想PERは13.99倍(前日13.86倍)。
   EPSは2171円(前日21635円)。
   BPSは23922円(前日23816円)
   日経平均の益回りは7.15%。

(8)東証1部時価総額は775兆円(前日は770兆円)。
   ドル建て日経平均は276.45(前日272.60)。

(9)右肩上りのボリンジャーのプラス2σが30225円。
   プラス3σが31196円。
   限界水準継続だがボリンジャーバンドは依然右肩上がりに拡散中。
   一目均衡の雲の上限が28376円。
   下限が27895円。
   8日連続で雲の上。
   勝手雲の上限は27688円。
   下限が27617円。
   10日連続で上回った。
   10日に白くねじれて勝手雲は急速に右肩上がり。
   RSIが91.84(前日89.76)。
   RCIが98.90(前日98.08)。
   メジャーSQ値30085円に対しては1勝。

今年の曜日別勝敗(9月10日まで)

月曜21勝13敗
火曜20勝14敗
水曜15勝21敗
木曜20勝13敗
金曜16勝19敗

過熱材料はたくさんある。
限界水準も散見される。
例えば・・・。
日足は9日連続で陽線。
新高値255銘柄(前日142柄)と3ケタ継続。
新安値1銘柄(前日1銘柄)。
騰落レシオは139.08(前日127.74)。
サイコロは10勝2敗で83.33%。
右肩上がりの25日線(28283円)からは△7.42%(前日△6.50%)。
松井証券信用評価損益率速報で売り方▲19.124%(前日▲18.011%)。
買い方▲3.869% (前日▲4.978%)。
東証1部時価総額は775兆円(前日は770兆円)。
右肩上りのボリンジャーのプラス2σが30225円。
プラス3σが31196円。
RSIが91.84(前日89.76)。
RCIが98.90(前日98.08)。

限界を超えることは最終的には難しい。
ただ日柄を通じてそれぞれの指標に市場がなじむことは可能だろう。
あるいは200日線(28431円)からは△6.86%。
経験則からはむしろプラス10%かい離からが上昇ピットが加速するというのもある。
空売り比率は44.6%(2日連続で40%超:前日41.7%)。
空売り規制なしの比率は13.7%(前日9.2%)。
買う売り比率が40%を超えていると株価は上がらないという見方もあったが否定された格好。
なにより225採用銘柄のEPSは2171円と過去最高。
ここは拠り所になる。



◇━━━ カタリスト━━━◇

シード(7743)・・・動兆

シードに注目する。
同社は国内系コンタクトレンズメーカー大手。
自社製1日使い捨てレンズ主力。
国内は遠近等改善。
海外も中国順調、
高酸素透過シリコンレンズ、近視矯正レンズに期待感。


(兜町カタリスト櫻井)
a