兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。
会員情報作成
ログイン
初めてのお客様は、
『会員情報作成』から登録をお願い致します。
マザーズ指数は3日ぶり反発、買いが先行
【市況】東証マザーズ市場(前引け)=マザーズ指数は3日ぶり反発、買いが先行

東証マザーズ指数は前日比8.32ポイント高の1038.02ポイントと3日ぶり反発した。
時価総額の大きいミクシィやサイバダインが上げた。
朝方から一段と円安方向に振れていることから、買いが先行した。12日の取引が開始された上海株式が上昇に転じたこともあり、買い気が強まる格好となった。
値上がり銘柄数は160、値下がり銘柄数は87となった。
 
個別では、ブランジスタ、サマンサタバサジャパンリミテッドが一時ストップ高と値を飛ばした。タイセイ、アセンテック、駅探、ホットリンク、ウェルビーなど6銘柄は年初来高値を更新。日本リビング保証、カナミックネットワーク、ログリー、マネーフォワード、イグニスが買われた。
 
一方、串カツ田中ホールディングス、ネットイヤーグループ、データホライゾン、FFRI、Abalanceなど11銘柄が年初来安値を更新。GameWith、UUUM、サイジニア、ALBERT、ユーザベースが売られた。


 
a