兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。
会員情報作成
ログイン
初めてのお客様は、
『会員情報作成』から登録をお願い致します。
184円高反発スタート、米国株高で買い先行
【市況】東京株式(寄り付き)=184円高反発スタート、米国株高で買い先行
【寄り付き概況】

14日の日経平均株価は、前日比184円34銭高の2万1474円58銭と反発してスタート。
前日のNYダウが反発したほか、ナスダック総合指数は3日続伸し昨年10月以来5カ月ぶりの高値圏に浮上、これを受けて東京株式市場でも主力株中心に買いが先行している。
 
きょうは海外短期筋による買いが入り現物株相場を押し上げる可能性がある。一方、3月期末を控え、国内機関投資家による決算対策売りなどが上値を重くするケースもありそうだ。
 
財務省が取引開始前に発表した、3-9日の対外対内証券売買契約によると、非居住者の株式取引は1兆1586億円と大幅な処分超で、6週連続で処分超となった。
 
寄り付き時点で業種別では33業種全面高で、値上がり上位に鉄鋼、非鉄、石油、証券、鉱業など。
 
個別では、ソフトバンクGが高く、任天堂はしっかり。村田製、ソニーが大幅高で、トヨタは強含み。ファーストリテが値を上げ、ZOZOは買い優勢。三井住友、三菱UFJが締まり、野村、東京海上は小高い。武田が底堅い。
 
半面、オムロンが安く、SUMCO、TDK、信越化が売りに押されている。花王、OLCは軟調で、ガンホーがさえない。大和ハウスは下押している。

225先物は日興・ソジェン・JP・パリバ・アムロ
SBI・クレディ・野村・シティ・モルスタ・マネ・GSが売り越し。
TOPIX先物は大和・みずほ・GS・モルスタ・ソジェンが買い越し。
ドイツ・UBS・シティ・メリル・JPが売り越し。
 
テクニカル的に、はエイジア(2352)、gumi(3903)、オープンドア(3926)、タカラバイオ(4974)、メディパル(7459)、三井不(8801)、日立物流(9086)、グルメ杵屋(9850)が動兆。
 
a