兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。
会員情報作成
ログイン
初めてのお客様は、
『会員情報作成』から登録をお願い致します。
NYダウ大幅続伸、410ドル高 アップルやボーイングに買い
【市況】NYダウ大幅続伸、410ドル高 アップルやボーイングに買い
12日のNYダウ工業株30種平均は前週末比410ドル37セント高の2万4601ドル27セントと続伸で終えた。
 
前週のダウは、景気過熱によるインフレ懸念などを背景に2度にわたり暴落した。週間ベースでの下げ幅は1330.06ドルとなった。この日は反動から幅広い銘柄に買い戻しが入り、ダウは一時574ドル高まで値を上げた。
 
前週に相場が急落した反動で、アップルやボーイングなど優良銘柄を中心に買い直しが入り、相場を押し上げた。アップルが4%上昇した。アップルと同様に業績の安定成長期待が高い航空機のボーイングも3%高となり、2銘柄でダウ平均を118ドル押し上げた。
ただ、14日発表の1月の消費者物価指数(CPI)がインフレ圧力の高まりを示し、金利上昇を促すのかを見極めたいとする市場関係者も多かった。
 
トランプ米政権が提出した予算教書で、インフラ投資計画への予算拠出が盛り込まれたが、相場を大きく動かす材料にはならなかった。実現性に懐疑的な見方があるうえ、実現して景気を刺激しすぎれば金利を一段と押し上げるとの懸念もあった。
 
VIX指数は25.61と低下(前営業日29.06)。主要米株価指数は高寄り後、上値を伸ばす堅調な推移だった。VIX指数は先週末のレンジを下回る24.42まで一時低下した。
 
ナスダック総合株価指数は同107.473ポイント高の6981.964で終えた。
 
セクター別では全面高となり、テクノロジー・ハード・機器や素材の上昇が目立った。
 
個別では、防衛のゼネラル・ダイナミクスによる買収を発表したITのCSRAが31%高と急騰。半導体のクアルコム(QCOM)は、同業ブロードコム(AVGO)が最大1000億ドルの買収資金を確保したことが報じられ買われた。ネットワーク機器メーカーのシスコ・システムズ(CSCO)は一部アナリストによる投資判断引き上げを受け上昇した。
メディアの21世紀フォックス(FOX)は、映画・テレビ事業に関してウォルト・ディズニー(DIS)への売却で合意していたものの、ケーブルテレビのコムキャスト(CMCSA)がディズニーを上回る買収額を提示し堅調推移した。
 
NYダウ工業株30種(ドル)
24,601.27+410.37
S&P500種
2,656.00+36.45
ナスダック
6,981.964+107.473
 
米10年債利回り(%)
2.8585 +0.028
米2年債利回り(%)
2.0773 +0.016
 
NY金(ドル/トロイオンス)
1,326.40+10.70
NY原油(ドル/バレル)
59.38+0.18
円・ドル
108.63 - 108.64−0.52
 

【シカゴ日本株先物概況】

シカゴ日経平均先物は続伸した。
3月物は前週末比380円高の2万1635円で引け、9日の大取終値を275円上回った。アジアや欧州の株高を背景に投資家心理が改善。米株とともに買われた。
この日の3月物高値は2万1705円、安値は2万1245円。
 
シカゴ日経225先物3月限 (円建て)
21635 ( +275 )
シカゴ日経225先物3月限 (ドル建て)
21660 ( +300 )
( )は大阪取引所終値比
 



【欧州株式市場】

■イギリス・ロンドン株価指数
FTSE100 7177.06(+84.63)
FTSE100種総合株価指数は3営業日ぶりに反発した。前週末終値に比べ84.63ポイント高の7177.06で引けた。先週末にかけて大幅下落が続いたことで、資源株を中心に値ごろ感に着目した買いが広がった。
構成銘柄の約9割が上昇した。ただ午後に入り、公益事業株に売りが出て上げ幅を縮小した。堅調な金属、原油相場を追い風に主力の鉱業株と石油株がそれぞれ全面高となり、指数をけん引した。とくに前週末に下落した時価総額の大きい石油株には割安感が出たことも買い手掛かりになった。
 
個別では、医薬品株、医療関連株も軒並み高くなった。総合ヘルスケアのNMCヘルスの上げが目立ったほか、医薬品のシャイアーは四半期決算を控え、好決算期待から上昇した。
 
半面、公益事業株が軒並み下落した。水道のセバーン・トレント、総合公益会社のユナイテッド・ユーティリティーズ、電力のSSEの下落率が大きかった。
通信のBTグループも小幅安。英当局が2006年に組織分離した通信網オープンリーチの分社化を検討しているようだと伝わった。
 
 
■ドイツ・フランクフルト株価指数
DAX 12282.77(+175.29)
ドイツ株式指数(DAX)は3日ぶりに大幅反発。終値は前週末比175.29ポイント高の12282.77だった。
前週末に大幅下落した反動で全銘柄が買い戻された。
下落幅の大きかったドイツ銀行、工業用ガスのリンデが大幅上昇した。
 
 
■フランス・パリ株価指数
CAC40 5140.06(+60.85)