兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。
会員情報作成
ログイン
初めてのお客様は、
『会員情報作成』から登録をお願い致します。
日経ジャスダック平均は続伸、好材料株買われる
【市況】ジャスダック市場(前引け)=日経ジャスダック平均は続伸、好材料株買われる
日経ジャスダック平均株価は小幅に続伸した。前引けは前日比1円95銭高い3402円01銭だった。
前日の米国株高や為替の円安進行といった外部環境の改善を背景に買いが先行している。
一段の円安進行といった手掛かり材料がない限り、目先は個別の決算対応や好材料を発表した銘柄を中心とした相場展開が続きそうだ。
ジャスダック市場の売買代金は概算で217億円、売買高は3802万株。
値上がり銘柄数は289、値下がり銘柄数は277となった。
 
個別では、シベールがストップ高。ANAP、アイサンテクノロジーは一時ストップ高と値を飛ばした。オリコン、日本アンテナ、スターツ出版は昨年来高値を更新。マジェスティ ゴルフ、GMOフィナンシャルホールディングス、環境管理センター、エムケイシステム、新報国製鉄が買われた。
一方、エスケー化研が昨年来安値を更新。ミサワホーム中国、ソレキア、国際チャート、日本ラッド、ヤマックスが売られた。
 
a