兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。
会員情報作成
ログイン
初めてのお客様は、
『会員情報作成』から登録をお願い致します。
日経ジャスダック平均は続伸、買い優勢に
【市況】ジャスダック市場(前引け)=日経ジャスダック平均は続伸、買い優勢に

日経ジャスダック平均株価は続伸し、前引けは前週末比6円73銭高い3238円10銭となった。前週末の米国株市場ではNYダウやナスダック総合指数など主要株指数が上昇しており、きょうは中国や香港など堅調なアジア株市場も横目にリスクを取る動きが強まった。バイオやオンライン医療、eコマース関連などへの買いが目立った。
 
ジャスダック市場の売買代金は概算で364億円、売買高は1億3544万株だった。値上がり銘柄数は306、値下がり銘柄数は270となった。
 
個別では、テラ、平山ホールディングスがストップ高。ブロードバンドセキュリティは一時ストップ高と値を飛ばした。KeyHolder、日本ラッド、テクノクオーツ、野村マイクロ・サイエンス、エヌジェイホールディングスなど6銘柄は年初来高値を更新。ABホテル、新日本建物、岡藤ホールディングス、鈴茂器工、アイエックス・ナレッジが買われた。
 
 一方、アンビスホールディングスが年初来安値を更新。Eストアー、日本アイ・エス・ケイ、シーズメン、ヒビノ、イマジニアが売られた。
a