兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。
会員情報作成
ログイン
初めてのお客様は、
『会員情報作成』から登録をお願い致します。
マザーズ指数は4日続伸、バイオ関連株に買いが集まった
【市況】東証マザーズ(大引け)=マザーズ指数は4日続伸、バイオ関連株に買いが集まった

東証マザーズ指数は前日比8.94ポイント高の896.44ポイントと4日続伸。
約3週間ぶりの高値を付けた。
朝方から買いが先行し、徐々に上げ幅を広げた。バイオ関連株に買いが集まったほか、昨年後半に上場した銘柄への見直し買いも目立った。指数は終日プラスを維持したが、値下がり銘柄は半数を超えた。「売り買いは交錯気味で指数寄与度の高い銘柄の上昇が支えとなった」とみられる。
値上がり銘柄数は97、値下がり銘柄数は173となった。
 
個別ではSERIOホールディングス、AmidAホールディングスがストップ高。ネットイヤーグループ、アクリートは一時ストップ高と値を飛ばした。Kudan、サンバイオ、自律制御システム研究所、旅工房、テノ.ホールディングスなど7銘柄は昨年来高値を更新。ブランジスタ、ラクスル、アルー、アセンテックが買われた。
 
一方、クラウドワークス、エコモット、エンバイオ・ホールディングス、ロジザード<4391>、アジャイルメディア・ネットワークが売られた。

 
a