兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。
会員情報作成
ログイン
初めてのお客様は、
『会員情報作成』から登録をお願い致します。
NYダウ3日続落、米中協議への期待後退
【市況】NYダウ3日続落、米中協議への期待後退

8日のNYダウ工業株30種平均は3日続落し、前日比63ドル20セント安の2万5106ドル33セントで終えた。
米中の貿易協議を巡る不透明感や世界経済の減速懸念から売りが優勢となった。ただ、米利上げ休止観測などが支えとなり、相場は午後に下げ幅を縮めこの日の高値圏で終えた。
 
トランプ米大統領は7日、ホワイトハウスで記者団に対し、米中貿易協議の期限である3月1日までに中国の習近平国家主席と会談する「予定はない」と明言した。これまでは首脳間で最終合意を目指す意向を示していたことから、市場では交渉が難航しているとの見方が広がり、協議妥結への期待が後退。株式などリスク資産を売る動きにつながった。
 
世界経済の成長鈍化への警戒感も売りを促した。欧州連合(EU)の欧州委員会や英中央銀行が7日に経済見通しを下方修正した。8日はオーストラリア準備銀行(中央銀行)が経済見通しを引き下げた。世界経済の減速が米企業業績を押し下げるとの見方から、エネルギーなど景気敏感株に売りが出た。
 
ダウ平均は昼前に286ドル安まで下げたが、午後に下げ渋った。米利上げ棚上げが米景気を支えるとの期待が根強く、下値を探る動きは限られた。
アナリストが目標株価を引き上げた航空機・機械関連のユナイテッド・テクノロジーズが上昇。四半期決算で最終損益が黒字に転じた玩具のマテルや、新ゲームの滑り出しが好調と発表したゲームソフトのエレクトロニック・アーツなど好材料が出た銘柄が買われたのも投資家心理を支えた。
 
ナスダック総合株価指数は小幅ながら3日ぶりに反発し、同9.846ポイント高の7298.198で終えた。ネットフリックスやフェイスブックといった主力株の一角や、バイオ製薬関連に押し目買いが入り相場を支えた。
 
 
NYダウ工業株30種(ドル)
25,106.33−63.20             
S&P500種
2,707.88+1.83
ナスダック
7,298.198+9.846
NY金(ドル/トロイオンス)
1,318.50+4.30   
NY原油(ドル/バレル)
52.71+0.07
円・ドル
109.76 - 109.77−0.15
 

【シカゴ日本株先物概況】

シカゴ日経平均先物は3日続落した。
3月物は前日比235円安の2万0305円で終え、大阪取引所の終値を15円上回った。
米中貿易協議の難航見通しや、欧州景気の減速懸念を背景に売りが進んだ。米株式相場が下げ幅を広げる場面で、3月物は一時2万0160円まで売られた。
取引終了にかけては米株式相場が下げ渋り日経平均先物にも買いが入った。
3月物の高値は2万0535円だった。
 



【欧州株式市場】

■イギリス・ロンドン株価指数
FTSE100種総合株価指数は3日続落した。前日の終値に比べ22.40ポイント安の7071.18で引けた。構成銘柄の約7割が下落した。
米中貿易摩擦が世界的な景気減速を加速させるとの懸念が高まり、銀行株やエネルギー株、たばこと保険、石油株の値下がりが株価指数を押し下げた。
イングランド銀行(英中央銀行)が英国の欧州連合(EU)離脱を巡る不透明感を背景に成長率予想を引き下げたことも響いた。
 
個別銘柄では、旅行のTUIと金融サービスのハーグリーブス・ランズダウン、ガス供給・販売のセントリカはそれぞれ、アナリストによる株価目標の引き下げなどが響いて大幅安となった。投資会社のメルローズ・インダストリーズは5%近く下がった。鉱業・化学のジョンソン・マッセイも下落。ベルギーの同業他社が中国での自動車需要の鈍化に警戒感を示したことが響いた。
 
半面、医薬品株と住宅建設株は買われた。アナリストが株価目標を引き上げた医薬品のグラクソ・スミスクラインの値上がりが目立った。ファッションのバーバリー・グループは、仏同業のエルメス・インターナショナルが中国での堅調な売り上げを示したことが好感され上昇した。過去2日間に急落した英オンライン食品販売オカド・グループは3.5%高、住宅大手バラット・デベロップメンツは1.8%高と買われた。
 
 
■ドイツ・フランクフルト株価指数
ドイツ株式指数(DAX)は3日続落した。終値は前日と比べて115.24ポイント安の10906.78だった。欧州連合(EU)の欧州委員会が7日に2019年の経済成長率の見通しを下方修正したことから、景気減速が懸念され欧州各国株式相場が下落した。
 
個別銘柄では、不正行為をめぐる報道などから前日に急落したオンライン決済サービスのワイヤーカードが、この日もシンガポール警察による強制捜査が響いて12%超下がった。鉄鋼のティッセン・クルップとタイヤのコンチネンタルの下げも目立った。
値上銘柄は、電力のRWEとIT(情報技術)のSAP、工業用ガスのリンデの3銘柄だけだった。


■フランス・パリ株価指数
仏CAC40 4961.64  -23.92 (-0.48%)

 
a