兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。
会員情報作成
ログイン
初めてのお客様は、
『会員情報作成』から登録をお願い致します。
軟調な推移か

軟調な推移か
 
11日の日経平均が小反発。終値は前日比23円高の2万1711円だった。
前日の米国株は小幅高でほとんどプラスの影響を及ぼさず、むしろ強めに推移した円相場が重荷となって日経平均は小甘い動きとなった。後場からはじわりと入った押し目買いで持ち直し小幅高へと浮上したが、上げ幅は限定的で、売り方、買い方ともに決め手を欠く1日となってしまった。
 
 
明日(12日)は、手掛かり材料難に伴う買い手控え加えて、週末に伴う持ち高調整の売りも想定されることから、日経平均株価は軟調な推移が予想される。
 
また、佳境を迎えている20年2月期の企業業績見通しが、保守的となった場合へのガイダンスリスクに警戒感が浮上している。
引け後に安川電機が決算を発表しており、今20.2期の営業利益は前期比6.6%減の465億円との見通しが示された。前19.2期の着地が1月に下方修正した数値を大きく下回っており、印象としては弱い。同時に発表した自己株取得が支えになるかどうかだが、直近で強い買いが入っていたことを鑑みると、失望売りを警戒すべきか。
また、ファーストリテイリングも通期の利益見通しを下方修正している。週末でもあり、あすは手じまいムードの強い地合いとなりそうだ。
 

■上値・下値テクニカル・ポイント(11日現在)

 
22397.78  均衡表雲下限(週足)
22207.17  ボリンジャー:+3σ(25日)
22071.20  ボリンジャー:+2σ(13週)
21988.67  ボリンジャー:+1σ(26週)
21961.75  ボリンジャー:+2σ(25日)
21890.26  200日移動平均線
21822.04  新値三本足陽転値
21749.27  6日移動平均線
21716.34  ボリンジャー:+1σ(25日)
 
21711.38  ★日経平均株価11日終値
 
21685.84  均衡表転換線(日足)
21624.77  ボリンジャー:+1σ(13週)
21470.92  25日移動平均線
21406.06  均衡表基準線(日足)
21346.19  均衡表雲上限(日足)
21244.74  26週移動平均線
21225.51  ボリンジャー:-1σ(25日)
21178.34  13週移動平均線
21164.56  均衡表転換線(週足)
20998.09  75日移動平均線
 
ローソク足は陽線を引いたものの、下向きの5日移動平均線を上回る場面はなかったほか、ボリンジャーバンド(25日ベース)では、終値ベースでの+1σ上復帰には至らなかった。これにより、上値の重さを再確認する格好になった。
 
ただ、25日線はわずかながら上向きに転じており、相場の下支え役として意識された。
日足の一目均衡表では、転換線が上昇を続けたほか、遅行線は3日ぶりに株価を上回って強気シグナル発生を再開し、大勢では買い手優位を窺わせている。


 
a