兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。
会員情報作成
ログイン
初めてのお客様は、
『会員情報作成』から登録をお願い致します。
来週は、戻りを試す展開か

来週は、戻りを試す展開か
 
今週は、大幅安となった。
4営業日で日経平均は既に900円を超える下げをみせている。
トランプ米大統領が中国に対して輸入関税の引き上げを表明したことから、大型連休明け7日の日経平均は大幅安となり、2万2000円を割り込んだ。
引き上げ期限が週末10日とされ、同時期に米中閣僚級協議も控えるスケジュールであったことから、以降も同材料がリスクとして強く意識された。期限の10日は上下に荒い動きを見せたが、予定通り関税引き上げが実施されたことから結局下落で終え、令和最初の週は全敗となった。
日経平均は週間では913円の下落となり、週足では3週ぶりに陰線を形成した。
 
 
来週は、戻りを試す展開か。
自律反発のターンに転じる公算は大きく、総じて買いに分がある地合いが予想される。
米中貿易摩擦激化は警戒材料ではあるが、関税引き上げ期限に向けて値幅の調整も相当進んだことから、いったん売り圧力は和らぐと予想する。国内では週半ばまで決算が多くあることから、引き続き個別物色は活況が見込まれるだろう。
米中リスクが意識された直後だけに注目を集めるだろうが、現状においては内容が良かった際のポジティブ反応の方がより強く出ると予想する。
ただし、急落直後のリバウンド局面という認識で、米中の間でよほどの好材料が出ない限りは、鋭角的な上昇も期待薄と考える。
 
 
■上値・下値テクニカル・ポイント(10日現在)
 
21923.72  新値三本足陽転値
21880.63  200日移動平均線
21871.05  25日移動平均線
21806.61  6日移動平均線
21769.13  均衡表転換線(日足)
21668.56  均衡表基準線(日足)
21637.25  均衡表転換線(週足)
21544.90  ボリンジャー:-1σ(25日)
21465.68  13週移動平均線
21368.75  75日移動平均線
21349.20  均衡表雲上限(日足)
 
21344.92  ★日経平均株価10日終値
 
21244.85  26週移動平均線
21218.75  ボリンジャー:-2σ(25日)
21032.41  均衡表雲下限(日足)
20956.22  ボリンジャー:-1σ(13週)
20892.59  ボリンジャー:-3σ(25日)
20823.69  均衡表基準線(週足)
20514.83  ボリンジャー:-1σ(26週)
20446.76  ボリンジャー:-2σ(13週)
19937.29  ボリンジャー:-3σ(13週)
19784.80  ボリンジャー:-2σ(26週)
 
日足の一目均衡表では、転換線の下降が続いており、下落基調の継続を示唆している。日々線は雲下限を下回り、短期反騰の可能性の後退が窺える。
日足のローソク足では、急角度で下降を続ける5日移動平均線が25日線を下回って短期デッドクロスを示現した。
 
これに加えて、終値ベースでは、昨日に下降に転じた75日線を3月25日以来およそ1カ月半ぶりに下回った。これにより、下落基調が一段と強まった格好に。ボリンジャーバンド(25日ベース)では、日々線は一時-2σを下回り、調整の長期化リスクを示唆した。
 
a