兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。
会員情報作成
ログイン
初めてのお客様は、
『会員情報作成』から登録をお願い致します。
神経質な展開か

神経質な展開か
10日の日経平均が反落。終値は前日比115円安の2万1687円だった。
前日の米株安を受けて売りが大きく先行する展開となったが、売り一巡後には個人を中心とした押し目買いが入り、日経平均は終盤に下げ幅を半分程度まで縮小。前日比マイナスながらもこの日の高値で取引を終えている。
日銀によるETF買いや中国上海株の上昇も後半相場の支えとなったようである。
 
明日(11日)の東京株式市場は、海外要因をにらみつつ、神経質な展開か。
英国のEU離脱をめぐるEU(欧州連合)臨時首脳会議やECB定例理事会(ドラギ総裁会見)の結果に加え、3月19-20日開催のFOMC(米連邦公開市場委員会)議事録を受け、10日の欧米株式や為替相場がどう反応するかが注目される。
 
海外からのマイナス材料を懸念したきょうの軟調相場を引き継いで売り優勢の展開となりそうだ。東証1部の売買代金はきょうで4日連続の2兆円台割れとなり、投資意欲の後退が際立っている。
 
 
■上値・下値テクニカル・ポイント(10日現在)
 
22397.78  均衡表雲下限(週足)
22192.12  ボリンジャー:+3σ(25日)
22065.07  ボリンジャー:+2σ(13週)
21987.19  ボリンジャー:+1σ(26週)
21950.19  ボリンジャー:+2σ(25日)
21895.10  200日移動平均線
21822.04  新値三本足陽転値
21749.58  6日移動平均線
21708.27  ボリンジャー:+1σ(25日)
 
21687.57  ★日経平均株価10日終値
 
21620.79  ボリンジャー:+1σ(13週)
21524.99  均衡表転換線(日足)
21466.34  25日移動平均線
21406.06  均衡表基準線(日足)
21338.71  均衡表雲上限(日足)
21243.82  26週移動平均線
21224.41  ボリンジャー:-1σ(25日)
21176.51  13週移動平均線
21164.56  均衡表転換線(週足)
20995.37  75日移動平均線
 
 
ローソク足は陽線を引いたものの、マドを空けて下落。下向きに転じた5日移動平均線を上回ることなく推移し、短期的な調整局面入りを示唆する格好に。日足ベースの一目均衡表では、転換線が上向く一方で、遅行線は2日連続で株価を下回って弱気シグナルを発生しており、強弱感の対立を窺わせている。
 
ボリンジャーバンド(25日ベース)では、日経平均は+1σを下回って推移となるなか、+2σに迫った8日を直近ピークとする下降トレンドにあり、今後は中心線付近までの下落が警戒される。目先的には、3月4日と本日8日でダブルトップを形成しつつある点に注意したい。
 
【株式分割】銘柄 
(10日大引け後 発表分)
 
■メドピア <6095>
6月30日現在の株主を対象に1→2の株式分割を実施。最低投資金額は現在の2分の1に低下する。
 
【信用規制・解除】
(10日大引け後 発表分)
■ケイブ<3760>
東証が11日売買分から信用取引の臨時措置(委託保証金率を50%以上[うち現金20%以上]とする)を解除する。日証金も増担保金徴収措置を解除
 
 
a