兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。
会員情報作成
ログイン
初めてのお客様は、
『会員情報作成』から登録をお願い致します。
米株大幅上昇を受けて反発スタート
【市況】東京株式(寄り付き)=米株大幅上昇を受けて反発スタート
【寄り付き概況】

13日の日経平均株価は反発して始まった。始値は前週末比250円72銭高の2万1633円34銭だった。
東京市場が休場だった12日のNYダウ工業株30種平均は続伸し410ドル高で終えた。前週に加速した米株安の流れが一服したとの見方から投資家心理が改善し、日本株にも買いが先行している。
 
外国為替市場でも1ドル=108円台後半の推移と円安含みで推移しており、輸出株などに追い風となる。もっとも、VIX指数などの水準は依然として警戒ゾーンにあり、戻り売りも予想されるなか、買い一巡後は上値が重くなる可能性もある。
 
寄り付き時点で業種別では33業種ほぼ全面高で、値上がり上位に繊維、証券、不動産、鉱業、精密機器など。
 
東エレクや信越化などの値がさ株も買われている。
個別では、ソフトバンクG、任天堂、ファーストリテも買いが先行。三菱UFJ、三井住友が高く、第一生命、オリックスはしっかり。ソニー、パナソニック、村田製、資生堂、武田、7&iHDは堅調。
半面、トヨタ、キヤノンも軟調。NTT、NTTドコモ、JT、JR東日本が値下がりしている。
 
225先物は、バークレイズ・アムロ・ドイツ・みずほ・UBS・SBIが買い越し。
ソジェン・クレディ・野村・パリバ・GS・JP・メリルが売り越し。
TOPIX先物はドイツ・HSBC・UBS・日興・バークレイズが買い越し。
JP・クレディ・GS・大和・日興が売り越し。
 
テクニカル的には、アイロム(2372)、DyDo(2590)、ネクソン(3659)、シンクロフ(3963)、資生堂(4911)、オイレス(6282)、ゼンショー(7550)、コロワイド(7616)、AOKI(8214)、ゼビオ(8281)、日エスコン(8892)、MTI(9438)、イノテック(9880)が動兆。
a