兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。
会員情報作成
ログイン
初めてのお客様は、
『会員情報作成』から登録をお願い致します。
日経ジャスダック平均は3日ぶり反発、好業績銘柄買われる
【市況】ジャスダック市場(前引け)=日経ジャスダック平均は3日ぶり反発、好業績銘柄買われる

日経ジャスダック平均株価は反発した。前引けは前日比10円66銭高い3425円72銭だった。
米中貿易摩擦に対する警戒感は拭えないが、貿易交渉は継続される見通しにあり日経平均株価が上げ幅を広げたことで、個人投資家のリスクを取る姿勢が強まった。決算など個別材料が出た銘柄を中心に買いが広がった。
ジャスダック市場の売買代金は概算で239億円、売買高は3616万株。
値上がり銘柄数は362、値下がり銘柄数は192となった。
 
個別では、ミサワホーム中国、UTグループ、Shinwa Wise Holdings、アーバネットコーポレーション、丸千代山岡家など13銘柄が年初来高値を更新。日特エンジニアリング、APAMAN、三協フロンテア、オールアバウト、ビーマップは値上がり率上位に買われた。
 
一方、マサル、クルーズ、地域新聞社、コモ、イメージ ワンなど25銘柄が年初来安値を更新。大阪油化工業、日本サード・パーティ、フルヤ金属、ニューフレアテクノロジー、ディーエムエスが売られた。
a