兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。
会員情報作成
ログイン
初めてのお客様は、
『会員情報作成』から登録をお願い致します。
米中通商合意署名が12月にずれ込む可能性が浮上
【為替】米中通商合意署名が12月にずれ込む可能性が浮上
[概況]

 
6日、欧米時間の外国為替市場における米ドル円は一時108.820円まで下落し、その後も108円台後半付近の水準で推移した。米中通商協議を巡って米政府高官が第1段階の合意署名は12月にずれ込む可能性があるとロイター通信の報道によって明らかとなった。合意署名に先立ち米中首脳会談の開催場所や条件の折り合いがつかなかったとのことだ。
 
これらの報道により米中通商協議の行方を見極めたいとの思惑などから利益確定が先行したとみられる。テクニカル的には米ドル円は下方に控える一目均衡表の転換線(108.590円)付近が下値サポートとして意識されそうか。


[提供:カネツFX証券株式会社]

 
a