兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。
会員情報作成
ログイン
初めてのお客様は、
『会員情報作成』から登録をお願い致します。
日経ジャスダック平均は続伸、投資家心理が改善
【市況】ジャスダック市場(前引け)=日経ジャスダック平均は続伸、投資家心理が改善
日経ジャスダック平均株価も続伸し、午前の終値は同3円48銭高の3274円64銭だった。
米中の貿易交渉が進展するとの期待などから主力株が上昇し、個人投資家の心理が改善した。
バイオ関連株が一斉高となっている。市場では「昨年末のリスクオフ相場でバイオ関連株は個人投資家の信用取引の追い証絡みの投げが出たことで、株式需給面から上値が軽くなっている。
ジャスダック市場の売買代金は概算で267億円、売買高は5143万株。
値上がり銘柄数は424、値下がり銘柄数は172となった。
 
個別では、シーズメン、AKIBAホールディングスがストップ高。アイレックスは一時ストップ高と値を飛ばした。アイ・ピー・エス、GFA、ピクセルカンパニーズ、ユークス、夢みつけ隊が買われた。
 
一方、NKKスイッチズが昨年来安値を更新。アルファ、ユビテック、ヒューマンホールディングス、タカギセイコー、東北化学薬品が売られた。
 
 
a