兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。
会員情報作成
ログイン
初めてのお客様は、
『会員情報作成』から登録をお願い致します。
NYダウ反発し76ドル高 利下げ期待が強まる ナスダック最高値
【市況】NYダウ反発し76ドル高 利下げ期待が強まる ナスダック最高値

 
10日のNYダウ工業株30種平均は4営業日ぶりに反発し、前日比76ドル71セント高の2万6860ドル20セントで終えた。
 
パウエル議長は下院金融サービス委員会での議会証言で、貿易摩擦や物価低迷に懸念を示し、「やや緩和的な政策が必要な条件が整ってきた」と表明。早ければ7月末の金融政策会合で利下げに踏み切る可能性を示した。証言は7月利下げを確実視する市場の見方を追認するものと好感され、ダウは取引序盤に一時200ドル近く上昇。取引時間中の高値を一時更新した。
 
金利低下で株式の割高感が和らぐとの見方から、幅広い銘柄が買われた。原油価格が上昇し石油関連株が買われたのも指数を押し上げた。
 
週間の米原油在庫が市場予想以上に大きく減り、原油先物相場が4%強上昇し一時はほぼ1カ月半ぶりの高値を付けた。収益改善への期待からエクソンモービルやシェブロンと行ったエネルギー関連銘柄が買われたのも指数の押し上げにつながった。
ただ、決算発表シーズンを控えて上値は限られたものの、終日堅調推移となった。
 
S&P500種株価指数は、節目の3000を初めて上回る場面があった。ただ、来週から米主要企業の2019年4〜6月期決算発表が本格化するのを控え、素材や資本財・サービスなど業績への警戒感が強い業種の一角は弱含んだ。金利低下で金融株が売られたこともあり、相場は伸び悩んで終えた。
 
セクター別ではエネルギーやメディア・娯楽が上昇する一方で銀行や資本財が軟調。
 
ナスダック総合株価指数は続伸し、60.803ポイント高の8202.531と3日に付けた過去最高値を更新した。アマゾン・ドット・コムやフェイスブック、アルファベット、アップルなど主力株が軒並み買われた。
 
 
NYダウ工業株30種(ドル)
26,860.20+76.71
S&P500種
2,993.07+13.44
ナスダック
8,202.531+60.803
NY金(ドル/トロイオンス)
1,412.50+12.00
NY原油(ドル/バレル)
60.52+0.09
円・ドル
108.35 - 108.36−0.60

 

【シカゴ日本株先物概況】

 
シカゴ日経平均先物は小幅反発した。
9月物は前日比30円高の2万1530円で引け、大阪取引所の終値を30円上回った。
10日の議会証言でパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長が「より緩和的な金融政策の必要性が高まっている」と発言。7月末の利下げ期待から米株が上昇し、日経平均先物にも買いが広がった。
9月物高値は2万1615円、安値は2万1465円。
 
シカゴ日経225先物9月限 (円建て)
21530 ( +30 )
シカゴ日経225先物9月限 (ドル建て)
21545 ( +45 )
( )は大阪取引所終値比



【欧州株式市場】
 

■イギリス・ロンドン株価指数
FTSE100 7530.69(−5.78)
FTSE100種総合株価指数は方向感のないレンジ取引の中小幅ながら5日続落した。前日の終値に比べ5.78ポイント安の7530.69で引けた。構成銘柄の6割近くが下落した。
低調な取引が続くなか、日中を通して相場の動きは鈍かった。米利下げ観測を受けて午後に一時買いが先行する局面があったものの、ソフトウエア開発のマイクロフォーカスが大幅に下落し、相場の重荷になった。
 
個別銘柄では、マイクロフォーカスは朝方から売り込まれ、11%安と大幅下落して引けた。スイス飲料大手コカ・コーラ・ヘレニック・ボトリング・カンパニーと英広告大手WPPは各2.0%安。不動産大手ブリティッシュ・ランドは1.9%安と売られた。
 
半面、アイルランド段ボール大手スマーフィット・カッパは3.0%高、産銅大手アントファガスタは1.8%高。英投資信託スコティッシュ・モーゲージ・インベストメント・トラストと英たばこ大手インペリアル・ブランズはいずれも1.7%高と好調だった。
 
 
■ドイツ・フランクフルト株価指数
DAX 12373.41(−63.14)
ドイツ株式指数(DAX)は4日続落した。終値は前日と比べて63.14ポイント安の12373.41だった。
午後に7月の米利下げ観測から米株式市場で株価が上昇し、ドイツ株も上昇に転じる場面があったが、勢いは続かなかった。主力の自動車関連株の下落が相場の重荷になった。
個別では、ダイムラーを筆頭に自動車株は全銘柄が下げた。タイヤのコンチネンタルも安かった。一方で透析器大手のフレゼニウス・メディカル・ケアと半導体のインフィニオンテクノロジーズの上げが目立った。
 
 
■フランス・パリ株価指数
CAC40 5567.59(−4.51)
a