兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。
会員情報作成
ログイン
初めてのお客様は、
『会員情報作成』から登録をお願い致します。
185円高 続伸、米株高や円安追い風
【市況】東京株式(寄り付き)=185円高 続伸、米株高や円安追い風
【寄り付き概況】


8日の日経平均株価は、前日比185円70銭高の2万224円67銭と続伸してスタート。
前日のNYダウ、ナスダック総合指数など主要株価指数が続伸、米中の貿易協議進展に対する期待感から広範囲に買いが流入したことで、東京株式市場でも引き続き上値を慕う展開で始まった。
外国為替市場で1ドル=108円台後半まで円安が進んでいることも輸出セクター中心に追い風となっている。ただ、日経平均は前日に500円近い上昇をみせ、目先筋の売りに買い一巡後は上値が重くなる可能性も指摘される。
 
寄り付き時点で業種別では33業種中、27業種が高く、値上がり上位に海運、精密機器、情報通信、鉱業、石油など。
 
個別では、ファナック、TDK、東エレク、トヨタ、ホンダが買われ、ブリヂストンは小幅高。ソフトバンクG、ファーストリテ、三菱UFJ、三井住友は堅調となっている。
 
半面、ユニー・ファミマ、7&iHDが軟調。三菱商、伊藤忠が値下がりし、JFEも売りに押されている。
 
 
225先物は、ソジェン・HSBC・アムロ・野村・GS・メリルが買い越し。
バークレイズ・みずほ・モルスタ・ドイツ・UBS・シティ・クレディが売り越し。
TOPIX先物はシティ・日興・GS・ソジェン・みずほ・パリバが買い越し。
ドイツ・JP・三菱・野村・アムロ・バークレイズが売り越し。
 
テクニカル的には、日ハム(2282)、アダストリア(2685)、セブンアイ(3382)、アカツキ(3932)、第一興商(7458)、タカショー(7590)、新光商(7458)、三信電(8150)、南海電(9044)、名鉄(9048)、SG(9143)、プレナス(9945)が動兆。
 
a