兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。
会員情報作成
ログイン
初めてのお客様は、
『会員情報作成』から登録をお願い致します。
もみ合い展開
【オープニングコメント】
もみ合い展開
12日の東京株式市場は、もみ合い展開となりそう。
日経平均株価の予想レンジは、2万1500円−2万1700円。
NYダウ平均の歴史的な上昇に連れ高する展開を期待したいところだが、昨晩の米国株はダウ平均だけが突出して強かった。
ナスダックの下落は国内ハイテク株には重しとなる。
米国株がおおむね堅調であることは安心材料で下値は限定的とみるが、東京市場の売買代金が盛り上がらないなか、海の日を含む三連休前でもあり、積極的に上値を追う流れにはなりづらいと考える。
 
為替相場は、ドル・円が1ドル=108円台の半ば(11日終値は108円05−06銭)、ユーロ・円が1ユーロ=122円台の前半(同121円85−89銭)と円安に振れている。
シカゴ日経平均先物の円建て清算値は、11日の大阪取引所終値比5円安の2万1595円だった。
 
 
【好材料銘柄】
 
■いちご <2337>
3-5月期(1Q)経常は46%増益で着地。発行済み株式数(自社株を除く)の2.05%にあたる1000万株(金額で30億円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は7月12日から10月11日まで。
 
■ディップ <2379>
今期経常を一転2%増益に上方修正・最高益更新へ。
 
■鉄人化計画 <2404>
9-5月期(3Q累計)経常は12倍増益・通期計画を超過。
 
■エルテス <3967>
20年2月期第1四半期(3-5月)の連結経常利益は前年同期比3.1倍の5000万円に急拡大し、3-8月期(上期)計画の500万円に対する進捗率が1000.0%とすでに上回り、さらに前年同期の64.0%も超えた。
直近3ヵ月の実績である3-5月期(1Q)の売上営業利益率は前年同期の4.1%→10.9%に急改善した。
 
■サーバーワークス <4434>
8月31日現在の株主を対象に1→2の株式分割を実施する。上期最終を37%上方修正、通期も増額。
 
■小野薬品工業 <4528>
米フォーティ・セブン社と様々ながん腫を対象に開発中の抗CD47抗体「5F9」に関するライセンス契約を締結。契約一時金17億円、開発の進捗と売上高に応じたマイルストーンとして最大112億円を支払う。
 
■フジクラ <5803>
レアアース系高温超電導線材の量産技術開発に成功。磁場中臨界電流密度が従来比1.5倍以上の世界最高性能線材の実用化にメド。
 
■セラク <6199>
9-5月期(3Q累計)経常が41%増益で着地・3-5月期も74%増益。
 
■旭化学工業 <7928>
9-5月期(3Q累計)経常が70%増益で着地・3-5月期も4.2倍増益。
 
■Olympicグループ <8289>
3-5月期(1Q)経常は2.4倍増益で着地。
 
■ローソン <2651>
3-5月期(1Q)経常は11%増益で着地。
 
■DDホールディングス <3073>
上期経常を一転21%増益に上方修正。
 
■三協立山 <5932>
前期経常が上振れ着地・今期は6倍増益へ。
 
■津田駒工業 <6217>
上期経常は3.1倍増益で着地。
 
■ダブル・スコープ <6619>
リチウムイオン電池向け高性能セパレーターを開発。
 
■スリーエフ <7544>
3-5月期(1Q)経常は黒字浮上で着地。
 
■イワキ <8095>
上期経常は46%増益で着地、今期配当を1円増額修正。
 
 
【主な経済指標・スケジュール】
 
【国内】
12(金)
オプションSQ
《決算発表》
カネコ種、ウエストHD、パソナG、S Foods、ライク、キャンドゥ、ブロッコリー、ヨシムラフード、北の達人、ハブ、DDHD、ドトル日レス、ラクトJPN、SFP、ニッケ、三栄建築、フィルカンパニ、コスモス薬品、クリレスHD、住江織、農総研、串カツ田中、ロコンド、レナウン、メディアドゥ、IGポート、システムインテ、テラスカイ、PRTIMES、UUUM、サインポスト、ヴィッツ、Sansan、ダイト、Gunosy、ベクトル、アクトコール、シンメンテHD、ロゼッタ、ベイカレント、クックビズ、RPA、anfac、識学、佐鳥電機、コーナン商事、IDOM、インタアクション、中本パクス、ノダ、チヨダ、リンガハット、MrMaxHD、サンヨーナゴヤ、SOU、松竹、東宝、モリト、文教堂HD、大庄
 
【海外】
中国6月貿易収支
AIIB年次総会(〜7/13)
米6月生産者物価指数(21:30)

※株式スケジュールは予定の為、変更される場合があります。

 
a