兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。
会員情報作成
ログイン
初めてのお客様は、
『会員情報作成』から登録をお願い致します。
240円安 売り先行、欧米株安を受け
【市況】東京株式(寄り付き)=240円安 売り先行、欧米株安を受け
【寄り付き概況】

 8日の日経平均株価は、前日比240円78銭安の2万510円50銭と大幅に続落してスタート。現地7日の米国株式市場は、欧州主要市場で株価が下落したことや、米中貿易交渉への不透明感などで、NYダウ、ナスダックともに続落した。きのう7日の相場が、軟調に推移していたこともあり、売りが先行。
 
3連休前の週末で持ち高を減らす動きも想定され、日経平均は下値模索の展開を余儀なくされそうだ。一方、下値では日銀のETF買いなどへの期待もあり、売り一巡後に下げ渋ることも予想される。
なお、きょうはオプションSQ算出に絡み全体売買代金は通常より膨らむ見通し。
 
寄り付き時点で業種別では33業種全面安で、値下がりで特に目立つのは証券、石油、機械、鉄鋼、保険など。
 
個別では、トヨタがさえず、ファナック、東エレクも値を下げている。武田、アステラス薬は軟調。ファーストリテが下押し、ZOZOは大幅安となっている。ソフトバンクGが弱含み。
半面、ソニーが買いを集めている。テルモ、富士フイルムも堅調。NTTが買われている。
 
225先物は、アムロ・パリバ・ソジェン・松井・バークレイズが買い越し。
ドイツ・野村・モルスタ・クレディ・JPが売り越し。
TOPIX先物は大和・ドイツ・ソジェン・UBSが買い越し。
GS・バークレイス・アムロ・メリル・野村が売り越し。
 
テクニカル的には、メンバーズ(2130)、ヨシックス(3221)、プロパティ(3464)、エコナック(3521)、フューチャー(4722)、古川電(5801)、北越工(6364)、堀場(6856)、三菱ロジ(7105)、住友倉(9303)、丹青社(9743)、ニチイ学館(9792)、バロー(9956)が動兆。

 
a