兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。
会員情報作成
ログイン
初めてのお客様は、
『会員情報作成』から登録をお願い致します。
【NEWS】1月景気ウォッチャー調査−現状判断DIは4.0ポイント低下
 【NEWS】1月景気ウォッチャー調査−現状判断DIは4.0ポイント低下
 
1月景気ウォッチャー調査−現状判断DIは4.0ポイント低下
 
8日に内閣府は1月の景気ウォッチャー調査を発表した。現状判断DIは49.9で、前の月に比べて4.0ポイント低下。低下は2カ月連続。
家計動向関連、雇用関連、企業動向関連がいずれも低下した。
 
2─3カ月先を見る先行き判断DIは52.4で、前月比0.3ポイント低下。3カ月連続の低下となった。
 
内閣府は、景気ウオッチャー調査の判断の表現を「天候要因などにより一服感がみられるものの、緩やかな回復基調が続いている」に修正した。