兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。
会員情報作成
ログイン
初めてのお客様は、
『会員情報作成』から登録をお願い致します。
NYダウ続伸し227ドル高、早期利下げ期待で
【市況】NYダウ続伸し227ドル高、早期利下げ期待で

11日の米株式市場でダウ工業株30種平均が続伸し、前日比227ドル88セント(0.8%)高の2万7088ドル08セントで終えた。
ダウはここ数週間、利下げ期待に加え、米中両首脳が6月の直接会談で通商協議再開で合意したことに支えられ、上昇基調が続いている。
この日は米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長が、半年に一度の米議会証言に出席。初日の前日と同様、世界経済の減速や貿易摩擦をめぐるリスクについて触れ、早ければ月末の金融政策会合で利下げに踏み切る可能性を示唆した。ダウ指数は前日の株高の流れを引き継ぎ、史上初めて2万7000ドル台を突破した。
 
医療保険のユナイテッドヘルス・グループが5%超上げ、1銘柄でダウ平均を90ドルあまり押し上げた。トランプ米政権が薬価設定に関する政策方針を撤回したことが明らかになり、当面は米医療保険や医薬品業界の仕組みに大きな変更がないとの見方が広がった。
 
S&P500種株価指数は3日続伸し、前日比6.84ポイント高の2999.91と過去最高値を更新した。
 
一方、朝方労働省が発表した6月の米消費者物価指数(CPI)は、前月から0.1%上昇。変動の大きいエネルギーと食品を除くコア指数も0.3%上昇した。いずれも市場予想を上回る伸びを示したことを受けて、長期金利が上昇。これが重しとなり、ナスダック総合株価指数は取引後半でマイナス圏に沈んだ。
 
ナスダック総合株価指数は3日ぶりに反落し、同6.488ポイント安の8196.043で終えた。朝方発表の6月の米消費者物価指数(CPI)やエネルギー・食品を除くコア指数が市場予想を上回る伸びとなった。米長期金利が大幅に上昇したこともあって、アップルやアマゾン・ドット・コムなど主力株の一角が売られた。
 
 
NYダウ工業株30種(ドル)
27,088.08+227.88
S&P500種
2,999.91+6.84
ナスダック
8,196.043−6.488
NY金(ドル/トロイオンス)
1,406.70−5.80   
NY原油(ドル/バレル)
60.43±0.00
円・ドル
108.46 - 108.47+0.41

 

【シカゴ日本株先物概況】


シカゴ日経平均先物は小幅に上昇した。
9月物は前日比65円高の2万1595円で終え、大阪取引所の終値を5円下回った。パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の11日の議会証言を手掛かりに利下げ期待が広がり、米株式とともに買われた。
11日の米株式市場でNYダウ工業株30種平均は過去最高値を更新した。高値は2万1625円、安値は2万1505円だった。
 
シカゴ日経225先物9月限 (円建て)
21595 ( -5 )
シカゴ日経225先物9月限 (ドル建て)
21610 ( +10 )
※( )は大阪取引所終値比



【欧州株式市場】


■イギリス・ロンドン株価指数
FTSE100 7509.82(−20.87)
FTSE100種総合株価指数は英通貨ポンド相場の上昇を嫌気してじり安となり、6日続落した。前日の終値に比べ20.87ポイント安の7509.82で引けた。構成銘柄の約6割が下落した。
 
パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の10日の議会証言を受けて早期利下げの観測が強まり、欧州各国相場とともに上がって始まった。ただ買いは続かず、今後の企業決算や米欧の貿易摩擦などが懸念され売りに転じ、午後には一段安となった。医薬品と鉱業株の値下がりが株価指数を押し下げた。
 
個別銘柄では、医薬品のアストラゼネカとロシアの鉄鋼大手エブラズの値下がりが目立った。金融株も安くなった。ネット専業スーパーのオカド・グループは6%超下がった。英オンライン食品デリバリー大手ジャストイートは2.2%安、ロシア鉄鋼大手エブラズは2.1%安。スイス資源大手グレンコアと医療・安全装置メーカーのハルマは1.9%安だった。
 
半面、住宅建設株は買われた。この日発表された6月の英住宅価格指数が改善し、市場予想も上回ったことが買い材料となった。バラット・ディベロップメンツは5%超上昇した。日用品のレキットベンキーザーは2.5%高と買われた。元子会社がオピオイド中毒治療薬の処方を違法に拡大させた問題をめぐり、米司法省などと最大14億ドルを支払うことで合意したことが好感された。
 
 
■ドイツ・フランクフルト株価指数
DAX 12332.12(−41.29)
ドイツ株式指数(DAX)は5日続落した。終値は前日と比べて41.29ポイント安の12332.12だった。米国の早期利下げ期待が高まり、午前は買いが優勢だった。ただ、米欧の貿易摩擦などが懸念され、午後には下落に転じた。
 
個別では、タイヤのコンチネンタルとオンライン決済サービスのワイヤーカードが売られた。一方で、透析器大手のフレゼニウス・メディカル・ケアと医療機器のフレゼニウスが大幅高となった。
 
 
■フランス・パリ株価指数
CAC40 5551.95(−15.64)

 
a