兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。
会員情報作成
ログイン
初めてのお客様は、
『会員情報作成』から登録をお願い致します。
日経ジャスダック平均は反発。好決算を発表銘柄への買い
【市況】ジャスダック市場(前引け)=日経ジャスダック平均は反発。好決算を発表銘柄への買い
日経ジャスダック平均株価は反発した。前引けは前週末比25円54銭高い3957円09銭となった。米株高をきっかけに運用リスクを回避するムードが後退した。好決算を発表した田中化研など、個別に材料の出た銘柄に買いが入ったことも指数を押し上げた。
 
ジャスダック市場の売買代金は概算で722億円、売買高は8301万株。値上がり銘柄数は438、値下がり銘柄数は224となった。
 
個別では、アール・エス・シー、富士ソフトサービスビューロが一時ストップ高と値を飛ばした。エンジャパンやセリア、マクドナルドといった主力株に買いが入った。
他には、昭和真空、タカギセイコー、新報国製鉄、ナカニシ、ナガオカが買われた。
 
一方、今期の最終赤字幅が拡大する見通しを発表したラクオリアやソルガム・ジャパン・ホールディングスがストップ安、通期業績予想を据え置いたハーモニックやメイコーがともに下げた。他では、ムトー精工、SEMITEC、東洋合成工業、キャピタル・アセット・プランニング、テノックスが売られた。
a