兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。
会員情報作成
ログイン
初めてのお客様は、
『会員情報作成』から登録をお願い致します。
マザーズ指数は3日続落、サンバイオ大幅安
【市況】東証マザーズ(大引け)=マザーズ指数は3日続落、サンバイオ大幅安

 東証マザーズ指数は3日続落した。終値は前日比10.44ポイント安の868.86と1月7日以来およそ1カ月ぶりの安値だった。創薬ベンチャーのサンバイオ株が大幅安(29%安)となり、1銘柄で指数を12ポイント近く押し下げた。
日経平均株価が軟調に推移したことも投資家心理の重荷となった。一方、下値では短期の値幅取りを狙った個人投資家などの買いも入り、商いが膨らんだ。売買代金は1373億円と東証1部を含む全市場で首位だった。
他の主力級銘柄そのサンバイオに資金を吸い取られた感もあるが、UUUMやそーせいグループ  、CYBERDYNEが堅調に推移した。
市場では、新興市場全体では値上がりする銘柄が多く、「個人投資家の買い意欲は根強かった」という。
値上がり銘柄数は140、値下がり銘柄数は126となった。
 
個別では、サンバイオが昨年来安値を更新。手間いらず、エニグモ、AmidAホールディングス、エスユーエス、ソーシャルワイヤーが売られた。
 
一方、はてながストップ高。ベルトラなど2銘柄は昨年来高値を更新。Fringe81、フェイスネットワーク、MRT、ピアラ、フィットが買われた。
 
 
 
a