兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。
会員情報作成
ログイン
初めてのお客様は、
『会員情報作成』から登録をお願い致します。
NYダウ反落で21ドル安、利益確定売り
【市況】NYダウ反落で21ドル安、利益確定売り
6日のNYダウ工業株30種平均は前日比21ドル22セント安の2万5390ドル30セントは4営業日ぶりに小反落で終えた。
 
ダウは前日まで3営業日続伸し、2万5000ドルの大台を回復していただけに6日は利益確定の売りが出て相場を下押しした。トランプ大統領は5日夜の一般教書演説で不法移民の流入阻止を訴え、メキシコ国境の壁建設の必要性を改めて強調。壁予算をめぐる与野党対立で政府機関が再び閉鎖に追い込まれるのはないかとの懸念も再燃した。「一般教書演説では経済政策で目新しいものは出なかった」とも指摘されていた。
内容は新味に乏しく、買い材料視されなかった。
 
前日まで上げが目立っていた大型ネット株は利益確定売りが目立った。アルファベット(グーグル)は3%安、マイクロソフトやアマゾン・ドット・コムも安い。前日夕に2018年10〜12月期決算を発表したウォルト・ディズニーも下げた。自前の動画配信事業への参入で、従来のライセンス収入が減ると懸念された。
 
ただ、企業業績や米景気への悲観論は薄れており、相場の下値は堅かった。半導体株は先行きの市況回復への期待から総じて買われた。前日まで相対的に出遅れていたヘルスケアやバイオ株も買いが優勢だった。
 
セクター別では、半導体・半導体製造装置やヘルスケア機器・サービスが上昇する一方でメディアや小売が下落した。
 
ナスダック総合株価指数は3営業日ぶりに反落し、前日比26.803ポイント安の7375.281で終えた。主力ネット株が下げ、指数の重荷となった。
 
個別では、ゲーム大手のエレクトロニック・アーツ(EA)やテイクツー・インタラクティブ・ソフトウェア(TTWO)は、決算内容が嫌気され大幅下落。電気自動車のテスラ(TSLA)は、再び「モデル3」の値下げを発表し軟調推移した。
一方で、写真共有アプリを手掛けるスナップチャット(SNAP)は、売上高及びアクティブユーザー数が予想を上振れ大幅上昇。自動車大手のゼネラル・モーターズ(GM)は、決算内容が好感され買われた。
 
 
NYダウ工業株30種(ドル)
25,390.30−21.22
S&P500種
2,731.61−6.09
ナスダック
7,375.281−26.803
NY金(ドル/トロイオンス)
1,314.40−4.80   
NY原油(ドル/バレル)53.90+0.24
円・ドル
109.97 - 109.98+0.31

 

【シカゴ日本株先物概況】

シカゴ日経平均先物は反落した。
3月物は前日比65円安の2万0860円で引け、6日の大取終値を10円下回った。米株が利益確定売りに押され、日経平均先物も売り優勢だった。
5日のトランプ米大統領の一般教書演説は、メキシコ国境の「壁」建設に言及した一方、米中貿易問題の先行きを示唆する内容に乏しく、反応は限られた。
 
この日の3月物安値は2万0805円、高値は2万0945円。
 
シカゴ日経225先物3月限 (円建て)
20860 ( -10 )
シカゴ日経225先物3月限 (ドル建て)
20870 ( 0 )
( )は大阪取引所終値比
 


【欧州株式市場】

■イギリス・ロンドン株価指数
FTSE100 7173.09(-4.28)
FTSE100種総合株価指数は株価は小動きの中を7営業日ぶりに小反落した。前日の終値に比べ4.28ポイント安の7173.09で引けた。構成銘柄の半数以上が下落した。指数は一時小幅高に転じる場面もあったが、結局下げて引けた。
連日上昇していた反動に加え、米中貿易協議の先行き不透明感などから売りが優勢となった。たばこ株と時価総額の大きい酒類のディアジオの値下がりが株価指数を押し下げた。
 
個別銘柄では、ネット専業スーパーのオカド・グループは6%超急落した。英南部の配送センターで発生した火事が売り上げの伸びに悪影響を及ぼすとの見通しを示したことが響いた。ガス供給・販売のセントリカ1.7%安と旅行のTUIは2.2%安ともに、アナリストによる投資判断と株価目標の引き下げが響いて売られた。
 
半面、医薬品のグラクソ・スミスクラインは、午後に市場予想を上回る2019年の利益見通しを示したことから上昇に転じた。上期の販売量が増加したと発表した住宅建設のバラット・ディベロップメンツも大幅高。建設資材のCRHは、物言う株主(アクティビスト)が株式を買い増したとの報道を受けて上がった。石油株と保険株も高くなった。
 
 
■ドイツ・フランクフルト株価指数
DAX 11324.72(-43.26)
ドイツ株式指数(DAX)は反落した。終値は前日と比べて43.26ポイント安の11324.72だった。
個別では、自動車のダイムラーの値下がりが目立った。第4四半期の営業利益が減少し、減配となったことなどが響いた。アナリストが投資判断と株価目標を引き下げた電力のエーオンの下げも大きくなった。
一方で、半導体のインフィニオンテクノロジーズは、バークレイズが株価目標を引き上げたことなどが好感され買われた。鉄鋼のティッセン・クルップも上昇した。
 
 
■フランス・パリ株価指数
CAC40 5079.05(-4.29)
 

 
a