兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。
会員情報作成
ログイン
初めてのお客様は、
『会員情報作成』から登録をお願い致します。
日経ジャスダック平均は反発、投資家心理が上向く
【市況】ジャスダック市場(前引け)=日経ジャスダック平均は反発、投資家心理が上向く
日経ジャスダック平均株価は反発した。前引けは前日比26円30銭高い4045円51銭となった。日経平均株価が上昇し、投資家心理が上向いた。運用リスクを取る動きが強まり、新興企業銘柄にも資金流入が続いた。自動車の電装化が追い風となるメイコーや、「量子コンピューター」銘柄とされるNF回路など成長期待の高い銘柄に買いが集まった。
 
ジャスダック市場の売買代金は概算で467億円、売買高は7274万株。
値上がり銘柄数は419、値下がり銘柄数は186となった。
 
個別では、スパンクリートコーポレーション、エージーピーがストップ高。サニーサイドアップ、イメージ ワン、やまみ、エスイー、応用技術など13銘柄は昨年来高値を更新。伊豆シャボテンリゾート、新都ホールディングス、トレイダーズホールディングス、メイコーが買われた。
 
一方、ありがとうサービス、菊池製作所、SYSホールディングス、ソルガム・ジャパン・ホールディングス、メディアリンクスなど8銘柄が昨年来安値を更新。IGポート、免疫生物研究所、ワイエスフード、イメージ情報開発、ソフィアホールディングスが売られた。
 
a