兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。
会員情報作成
ログイン
初めてのお客様は、
『会員情報作成』から登録をお願い致します。
マザーズ指数は5日ぶり反落、材料性の強い銘柄物色
【市況】東証マザーズ市場(前引け)=マザーズ指数は5日ぶり反落、材料性の強い銘柄物色

東証マザーズ指数は小幅ながら5営業日ぶりに反落した。前引けは0.15ポイント安の1147.92だった。
前日終値を挟んだもみ合いとなっている。前日から大型IPO(新規株式公開)のブックビルディング通過による資金還流が見られるものの、個人投資家としてもFOMC後の相場全体の方向を見極めたいとの思惑が強い。
値上がり銘柄数は112、値下がり銘柄数は117となった。
 
個別では、スタジオアタオ、トランザスが年初来安値を更新。ベストワンドットコム、アライドアーキテクツ、ライフネット生命保険、サインポスト、カイオム・バイオサイエンスが売られた。
一方、すららネット、弁護士ドットコム、アドベンチャー、トレンダーズ、ロゼッタなど7銘柄が年初来高値を更新。SKIYAKI、ビープラッツ、ジェネレーションパス、イトクロ、シェアリングテクノロジーが買われた。
a