兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。
会員情報作成
ログイン
初めてのお客様は、
『会員情報作成』から登録をお願い致します。
4日続伸挑戦は重い
「4日続伸挑戦は重い」
週明けのNYダウは3日ぶりの反落。
前週末の雇用統計通過後の上昇相場を引き継ぎプラスでスタート。
ただ関税問題による貿易摩擦激化懸念からボーイングが3%、キャタピラーが2%下落。
ダウを押し下げた。
下落幅は一時180ドルを超えた場面もあった。
国家経済会議(NEC)の委員長に自由貿易派のラリー・クドロー氏が検討されていると報じられたが反応薄。
一方でアップルが上場来高値を更新。
マイクロンテクノロジーが急伸。
NASDAQ総合指数は7日続伸し過去最高値を更新した。
フィラデルフィア半導体指数(SOX指数)も7日続伸。
半導体関連銘柄がハイテク株の牽引役となった格好。
SOX指数が7日続伸するのは、今年1月11〜23日の8日続伸以来だ。
10年国債利回りは前週末比0.02%低下し2.87%。
消費者物価指数(CPI)発表を前の小動きとの解釈。
前週末にドルが大幅に上昇した反動で円買い・ドル売りが優勢。
ドル円は106円台半ばでの動き。
 
週末金曜も週明け月曜も日経平均は一時500円超の上昇からの失速。
3日続伸とプラス展開継続ながら日足陰線4本となった。
気になるのは日足の十字足。
始値21826円。終値21824円で2円の陰線。
上値145円、下値137円のヒゲだった。
ただ頭を押さえていた25日線は1月29日以来1ヵ月半ぶりにブレイクし風景は少し変化した印象。
「過去の累積売買代金で日経平均の22000円〜22500円は約57兆円。
22500円〜23000円は約84兆円。
戻り待ちの売りは多い」との指摘もある。
3月5日の十字足で反発。
2月27日の十字足で反落というのが直近の動きだ。
騰落レシオは90.36%。
サイコロは7勝5敗で58.3%。
空売り比率は42.7%で9日連続の40%越え。
ただ松井証券信用評価損益率速報で売り方は▲15.106%(前日▲14.329%)。
今年の記録は1月23日の▲18.371%だったから意外と売り方も苦しい筈だ。
日経平均採用銘柄のEPSは1701円と1700円台キープでPERは12.83倍。
今日からNYは夏時間となったので直近の先物価格はシカゴでなく大証夜間取引。
日中比150円安の21570円だから現物換算21700円レベルだ。
今年初の4日続伸挑戦というのが重くのしかかった火曜日。
昨年は4月26日、一昨年は3月4日、2015年は2月23日が4日続伸示現日。
毎年遅くなってきたのが多少気にかかる。
だが裁定買い残は先週のメジャーSQに向けて減少しているだろうからスカスカ。
売り叩く原資は少ない。
 
 
◇━━━ カタリスト ━━━◇
 
オプティム(3694)・・・動兆。
 
オプティムに注目する。
同社はスマホなど端末の一括管理サービスをクラウドで提供。
遠隔サポートが拡大基調。
ドローンやAIを活用するスマート農業ソリューションを開始。
IoT分野も拡大基調。
 

◇━━━ カタリスト ━━━◇

○○○(0000)・・・動兆



(兜町カタリスト櫻井)