兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。
会員情報作成
ログイン
初めてのお客様は、
『会員情報作成』から登録をお願い致します。
安倍政権の動揺に為替市場も反応。
【為替】安倍政権の動揺に為替市場も反応。
[概況]

12日の東京外国為替市場は、円買いが優勢となった。先週の米雇用統計は堅調だったが、森友学園問題による安倍政権の政局不透明感が、リスク回避姿勢を強めたようだ。米ドル円は序盤から売りが優勢で、106円台後半から106円台半ばまで下落。
 
その後、麻生財務相の会見が報じられると、同大臣の辞任懸念によるリスク回避の動きが一層広がり、本日の安値106.340円まで下落することとなった。麻生大臣は会見で、自身の進退問題と首相官邸への忖度を否定した。
 
この会見の内容を受け、リスク警戒感は若干和らぐこととなり、終盤にかけては、106円台半ばの水準まで買い戻されている。この後は、主だった経済指標の結果がないため、トランプ米大統領が進めようとしている貿易戦争に関することが、相場に動意を与えそうか。



[提供:カネツFX証券株式会社]
a