兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。
会員情報作成
ログイン
初めてのお客様は、
『会員情報作成』から登録をお願い致します。
活字の綾
「活字の綾」
NY株式市場では主要3指数がそろって2%近く上昇。
NASDAQは最高値を更新した。
待たれていた雇用統計で非農業部門の就業者数は前月比31.3万人増加で着地。
2016年7月以来、1年7カ月ぶりの大幅な伸びとなった。
市場予想は20万人増だった。
時間当たりの平均賃金は0.1%増の26.75ドルと1月の0.3%増から減速。
前年同月比で2.6%増と、1月の2.8%増から伸びが鈍化
「インフレや急激な利上げをめぐる懸念が和らいだ」との解釈。
「労働参加率が伸びる一方で、賃金の安定した動きが続くようであれば、市場は過度にインフレを気にする必要がなくなる。
相場には好都合だ」という声が聞こえる。
週間では、S&Pが3.5%、NYダウが3.25%、NASDAQが4.2%高。
堅調な雇用統計を受け国債利回りは上昇。
ドル円は106円台後半まで下落。
 
メジャーSQの荒れる週は波乱含みだったが結局週間では上昇で通過。
日経平均が1.4%、約287円の上昇。
週足では3週ぶりに陽線。
TOPIXが0.4%高。
マザーズ指数は0.3%安、日経ジャスダック平均は0.5%安。
最終的に大型セクター優位の週となった。
25日線からの乖離はマイナス1.3%。
騰落レシオは84.13%。
松井証券信用評価損益率速報で売り方▲14.329%。
買い方▲7.967%。
空売り比率は44.3%で8日連続40%超。
日経平均採用銘柄のEPSは1702.55円で1700円越え。
PERは12.61倍。
シカゴ225先物終値は大証日中比345円高の21695円。
現物換算では21800円台レベルで25日線(21752円)を越えてきた。
3日連続陰線を打開して陽線が欲しい月曜日。
メジャーSQ通過で昨年9月のような反騰に期待したいところ。
 
土曜の日経では「主要企業、経常益伸び鈍化」の見出し。
大手証券の2018年度の企業業績見通しでは主要企業の経常益は前期比8〜10%増。
電気・機械などの伸びが全体をけん引との見通しだ。
「円高進行が懸念で増益率は2ケタの17年度からは鈍化」。
鈍化をどう捉えるかの問題だろう。
鈍化とはいえ減益ではなく、伸び率が鈍化するだけのこと。
増益基調に変わりはない。
活字の綾に誤魔化されないようにすることが肝要だろう。
 
 
NYダウは440ドル高の25335ドルと続伸。
NASDAQは132ポイント高の7560ポイントと6日続伸。
S&P500は47ポイント高の2786ポイントと続伸。
ダウ輸送株指数は274ポイント高の10739ポイント。
3市場の売買高は68.2億株。
CME円建ては大証比345円高の21695円。
ドル建ては大証比410ポイント高の21780ポイント。
225先物大証夜間取引は日中比340円高の21690円。
ドル円は106.79円。
10年国債利回りは2.894%。
 
 
◇━━━ カタリスト ━━━◇
 
EG(6050)・・・動兆。
 
イー・ガーディアンに注目する。
同社は総合ネットセキュリティ」が中核。
ビットコイン本人認証、ネット広告審査も拡大基調。
業績は好調。
 

(兜町カタリスト櫻井)