兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。
会員情報作成
ログイン
初めてのお客様は、
『会員情報作成』から登録をお願い致します。
「SQ値は21742円」
「SQ値は21742円」
 
「SQ値は21742円」
 
 
NYダウは上昇し初の27000ドル台に乗せた。
利下げ方向を好感した格好だ。
個別ではユナイテッドヘルスが5%超の上昇となりダウの27000ドル台乗せをけん引した。
S&P500は取引時間中に3000ポイント台に乗せたが、終値ベースでは維持できず。
NASDAQの反落ととともに市場にやや影を落とした。
6月の消費者物価指数は前月比0.3%上昇。
1年5カ月ぶりに大幅な伸びとなった。
ダウ輸送株指数は大幅高。
SOX指数は0.32%上昇。
VIX指数は12.95と低下。
10年国債利回りは2.14%台に上昇(価格は下落)。
30年国債の入札不調が重荷となった。ドル円は108円台半ばでの推移。
 
 
日経平均は寄り付き14円高、終値110円高とほぼ高値引け。
日足陽線での反発となり木曜は4連勝。
ETFの分配金ねん出の売りが止まったというよりもNY株の上昇を好感したというところ。
一時107円台に進んだ円高トレンドは無視しての上昇となった。
ただ東証1部の売買代金は1兆7845億円と8日連続の2兆円割れ。
売買低調傾向は継続している。
値上がり1860銘柄、値下がり429銘柄。
新高値81銘柄、新安値7銘柄。
ここの数字だけは立派だ。
騰落レシオは113.11に低下。
NTレシオは13.71倍。
25日線からは1.4%のプラスかい離。
200日線からは0.2%のプラスかい離。
松井証券信用評価損益率速報で売り方▲9.667%。
買い方▲9.679%。
マザーズ銘柄ネットストック信用評価損益率で売り方▲8.069%。
買い方▲13.077%。
空売り比率は41.3%に低下。
84日連続の40%超の記録は途絶えない。
空売り規制なし銘柄は6.4%。
日経HVは12.7、日経VIは13.50に低下。
東証REIT指数は2008ポイントと2000ポイント台に乗せた。
日経平均採用銘柄のPERは12.11倍でEPSは1787円。
過去最高まであと7円だ。
PBRは1.08倍。
シカゴ225先物終値は大証日中比5円安の21595円。
高値21625円、安値21505円。
気学では「変化激しい日。逆張り方針で駆け引きせよ」。
来週月曜は「下放れ突っ込むと底入れする。逆なら反落」。
週足陽線基準21534円を終値で上回れば6週連続の週足陽線だ。
オプションSQ通過で上昇加速と読みたいところ。
推定SQ値は21742円57銭と上昇しての着地。
 
NYダウは227ドル高の27088ドルと2日続伸。
NASDAQは6ポイント安の8196ポイントと3日ぶりの反落。
S&P500は6ポイント高の2999ポイント3日と続伸。
ダウ輸送株指数は98ポイント高の1039ポイント。
SOX指数は0.32%上昇。
VIX指数は12.95。
3市場の売買高は61.7億株。
225先物CME円建ては大証日中比5円安の21595円。
ドル建ては大証比10ポイント高の21610ポイント。
大証夜間取引終値は日中比変わらずの21600円。
ドル円は108.48円。
10年国債利回りは2.143%。
 
スケジュールを見てみると・・・
 
12日(金):オプションSQ、米生産者物価、中国貿易収支、AIIB年次総会
15日(月):海の日で休場、米NY連銀製造業景況感、中国GDP、各種経済指標
16日(火):株式等の受け渡しが2日後に移行、米小売売上高、鉱工業生産、NAHB住宅価格指数、企業在庫、対米証券投資、輸出入物価、独ZEW景況感、タイ休場
17日(水):6月訪日客数、米小売売上高、住宅着工件数、ベージュブック、G7財務大臣・中央銀行総裁会議(フランス)
18日(木) :貿易統計、首都圏マンション販売、米CB景気先行指数、フィラデルフィア連銀製造業景況感
19日(金):消費者物価指数、全産業活動指数、米ミシガン大学消費者信頼感
 
【7月】(7勝7敗で10位、陽線確率50.0%)
 
15日(月):海の日で休場、NY連銀製造業景況感、中国GDP、各種経済指標
16日(火):東証が決済を2日後に短縮、米小売売上高、鉱工業生産、輸出入物価、ZEW景況感
17日(水):首都圏新築マンション販売、G7財務相・中央銀行総裁会合、米住宅着工件数、ベージュブック、株高の日、満月
18日(木):貿易統計、米CB景気先行指数、フィラデルフィア連銀製造業景況感
19日(金):変化日
21日(日):参院選挙
22日(月):シカゴ連銀全米活動指数
24日(火):東京五輪まで1年、米新築住宅販売件数
25日(木):企業向けサービス価格指数、米耐久財受注、製造業受注、ECB理事会
26日(金):米GDP速報値、変化日、鬼宿日
29日(月):日銀金融政策決定会合(〜30日)、上げの特異日
30日(火):黒田総裁会見、日銀展望レポート、失業率、米FOMC(〜1日)、個人所得、CS住宅価格指数
31日(水):消費者態度指数、米ADP雇用レポート、ユーロ圏GDP速報値、中国製造業PMI
 
 
◇━━━ カタリスト━━━◇
 
★ラ・アトレ(8885)
 
ラ・アトレに注目する。
同社は総合不動産業。
中古再生販売テコに収益性高め、新築マンション開発を再開
中古再生マンションは富裕層向け高額物件が好調。
オフィス・ホテルなど拡大基調。
 

(兜町カタリスト櫻井)

 
a