兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。
会員情報作成
ログイン
初めてのお客様は、
『会員情報作成』から登録をお願い致します。
マザーズ指数は続伸、バイオ株の上昇が指数を押し上げ
【市況】東証マザーズ(大引け)=マザーズ指数は続伸、バイオ株の上昇が指数を押し上げ
東証マザーズ指数も大幅続伸し、終値は前日比42.09ポイント高の1212.93だった。
値上がり銘柄数は209、値下がり銘柄数は31となった。
東京市場全般が落ち着きを取り戻しており、新興市場も大きく下げた主力級銘柄に下値買いが入っている。相場全体が少し落ち着いてきたため、個人投資家などから買いが入った
そーせいやジーエヌアイなど時価総額の大きいバイオ株の上昇が指数を押し上げた。
 
個別では、手間いらず、ホットリンク、テモナ、すららネットがストップ高。フィル・カンパニーは一時ストップ高と値を飛ばした。オイシックスドット大地、ジャパンインベストメントアドバイザーは昨年来高値を更新。ソーシャルワイヤー、メディアシーク、ソウルドアウト、シンメンテホールディングス、レノバが買われた。
 
一方、JIG-SAW、SKIYAKI、MS&Consulting、クックビズが昨年来安値を更新。エナリス、ジェイリース、GMO TECHが売られた。