兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。
会員情報作成
ログイン
初めてのお客様は、
『会員情報作成』から登録をお願い致します。
上値の重い展開か

上値の重い展開か
 
 21日の日経平均株価は3営業日ぶりに反発し、2万7944円(前週末比45円高)引け。朝方は、前週末の欧米株高を支えに寄り付き直後に上げ幅が100円を超えた。心理的なフシ目となる2万8000円台乗せ後は、利益確定売りに押され、下げに転じた。中国・上海総合指数や香港ハンセン指数の下げも重しとして意識され、一時50円強安まで軟化した。ただ、下値は限定的で、一巡後は引けにかけて持ち直した。
プライムでは値上がりが値下がりの倍以上あり、指数の上値が重いことが個別を売る材料にはなっていない。売買代金上位銘柄を見ても、理由がないのに大きく下げている銘柄は少ない。
市場では、「2万8000円は『壁』のようで、売り物もそれなりに出てくる」との声が聞かれた。
 
 
あす22日の日経平均株価は上値の重い展開か。
国内に特段の材料は見当たらず、翌23日が「勤労感謝の日」の祝日で休場となる。米国では24日が感謝祭で休場、翌25日は取引時間が短縮となる。日米ともに休場を控え、積極的な売買は期待しにくいだろう。
 
 一方、中国では新型コロナウイルスの感染が拡大している。20日には本土で新たに2万6824人の市中感染者が確認され、前日の2万4215人から増加した。北京市では、19日に5月下旬以来となる死者が1人出て、20日には2人の死亡が新たに確認された。新型コロナウイルスの感染拡大が懸念される中、経済への影響も警戒され、その動向を見極める必要があろう。
 
 
■上値・下値テクニカル・ポイント(21日現在)
 
29076.59  ボリンジャー:+2σ(26週)
28721.92  ボリンジャー:+3σ(25日)
28603.61  ボリンジャー:+2σ(13週)
28320.04  ボリンジャー:+2σ(25日)
28256.14  ボリンジャー:+1σ(26週)
27995.45  ボリンジャー:+1σ(13週)
27959.51  6日移動平均線
 
27944.79  ★日経平均株価21日終値
 
27918.15  ボリンジャー:+1σ(25日)
27850.08  均衡表転換線(日足)
27738.76  均衡表雲上限(週足)
27638.83  75日移動平均線
27516.27  25日移動平均線
27462.45  均衡表基準線(日足)
27435.68  26週移動平均線
27422.37  均衡表雲上限(日足)
27387.29  13週移動平均線
27371.50  均衡表基準線(週足)
27199.74   新値三本足陰転値
27164.75  200日移動平均線
27114.39  ボリンジャー:-1σ(25日)
 
 
ローソク足は小陰線で終了。ザラ場の2万8000円超え後の終値2万8000円割れが3日続いた。下向きの5日移動平均線を大引けで下回ったこともあり、2万8000円付近での上値の重さを確認する形となった。反面、一目均衡表では先週末に横ばいだった基準線が上向いて上昇トレンド継続を示唆。25日線の上向きキープと併せて本日は大勢強気中の膠着場面と位置付けられよう。
 
a