兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。
会員情報作成
ログイン
初めてのお客様は、
『会員情報作成』から登録をお願い致します。
日経ジャスダック平均は7日続伸、幅広い銘柄が買われる
【市況】ジャスダック市場(大引け)=日経ジャスダック平均は7日続伸、幅広い銘柄が買われる
 
日経ジャスダック平均株価は7日続伸した。
終値は前週末比40円18銭高い3616円49銭だった。
注目された週末のG20にて米中両国の関税引き上げ合戦が一時休戦となったことから、投資家のリスク許容度が高まり、JASDAQ平均は前営業日比約0.4%高となる3594.06で寄り付き、終日上値追いの展開が続き、終値はこの日の高値となる3616.49(前日比1.1%高)で引けた。
日経平均株価の上昇が新興株に対しても買い安心感につながり、時価総額が大きい銘柄や好材料が出た個別株など、幅広い銘柄に対し買いが広がった。
 
市場では「前週からの相場上昇で個人投資家に資金余力が出てきたため、新興株にも買いを入れやすくなっている」との声もあった。
 
ジャスダック市場の売買代金は概算で679億円、売買高は1億1115万株だった。値上がり銘柄数は421(スタンダード399、グロース22)、値下がり銘柄数は202(スタンダード194、グロース8)、変わらずは55(スタンダード49、グロース6)。

 
個別では、イメージ情報開発、タカギセイコー、プラザクリエイト本社、光製作所がストップ高。アイ・テックは一時ストップ高と値を飛ばした。秋川牧園、ウエストホールディングス、博展、ジェイテック、久世など11銘柄は年初来高値を更新。シンバイオ製薬、HAPiNS、グリムス、地域新聞社、ハーモニック・ドライブ・システムズがり買われた。
 
一方、シベール、和弘食品、大森屋、フーマイスターエレクトロニクス、イワブチなど12銘柄が年初来安値を更新。キタック、ジェイホールディングス、KYCOMホールディングス、菊池製作所、ジェーソンが売られた。
 
 
a