兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。
会員情報作成
ログイン
初めてのお客様は、
『会員情報作成』から登録をお願い致します。
マザーズ指数は3日続落、投資マインドが悪化
【市況】東証マザーズ(大引け)=マザーズ指数は3日続落、投資マインドが悪化
東証マザーズ指数も3日続落した。終値は前日比22.92ポイント安い1137.71で、やはり約2カ月ぶりの安値だった。
朝方は買われたが、為替市場の円高進行を警戒した売りに押されて投資マインドが悪化しており、次第安となった。
 
個別ではインタースペース、G−FACTORY、ビリングシステム、ホットリンクがストップ安。ケアネットは一時ストップ安と急落した。日本スキー場開発、ジーニー、sMedio、FFRI、JMCが売られた。
 
一方、プラッツが昨年来高値を更新。イグニスオイシックスドット大地、アトラエ、アルファポリス、テモナが買われた。