兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。
会員情報作成
ログイン
初めてのお客様は、
『会員情報作成』から登録をお願い致します。
反発してひとまず下降トレンド入りを回避できるか

反発してひとまず下降トレンド入りを回避できるか
前日の米国市場では、NYダウは831ドル安と続急落した。
米長期金利の上昇を背景にハイテク株を中心に売りが膨らんだほか、米中貿易摩擦の長期化も嫌気された。
東京株式市場では、前日の米国市場が波乱展開となったことを受け、主力株をはじめ全面安となった。日経平均株価は約1ヵ月ぶりの安値圏に沈んだ。
 
明日は今晩の米国株次第となるだろうが、ダウ平均が連日の大幅安とならなければ、押し目買いが入りやすいのではないかと考える。動きが注目されるのがファーストリテイリングで、引け後に発表された本決算は、着地は上振れで見通しは2桁の営業増益となり、増配も発表するなど安心感のある内容となった。
 
テクニカル面では200日線(2万2508円、11日時点)が注目される。
今日は一時同水準を割り込んだものの、終値では上回った。
米国ではFOMCで利上げを無難に消化したと思ったら、やや遅れて大きく下げる動きが時折見られるが、今回もそういった反応のようにも見える。値幅を伴った下げとなっても、それが一時的であれば良い買い場となるだろう。
なお、世界株安が意識されたため、目先は外部環境の影響を受けづらい内需の方が選好されやすいと考える。
 
 
■上値・下値テクニカル・ポイント(11日現在)
 
23975.62  新値三本足陽転値
23736.71  ボリンジャー:+2σ(26週)
23572.77  6日移動平均線
23508.02  ボリンジャー:+1σ(13週)
23453.55  均衡表転換線(日足)
23364.51  25日移動平均線
23310.49  均衡表基準線(日足)
23212.67  ボリンジャー:+1σ(26週)
23149.70  均衡表転換線(週足)
22955.51  均衡表基準線(週足)
22902.88  13週移動平均線
22722.70  75日移動平均線
22710.76  ボリンジャー:-1σ(25日)
22688.63  26週移動平均線
 
22590.86  ★日経平均株価11日終値
 
22519.62  均衡表雲上限(日足)
22508.82  200日移動平均線
22297.75  ボリンジャー:-1σ(13週)
22247.56  均衡表雲下限(日足)
22164.59  ボリンジャー:-1σ(26週)
22057.00  ボリンジャー:-2σ(25日)
21831.59  均衡表雲上限(週足)
21692.61  ボリンジャー:-2σ(13週)
21640.56  ボリンジャー:-2σ(26週)
21484.74  均衡表雲下限(週足)
21403.25  ボリンジャー:-3σ(25日)
21116.52  ボリンジャー:-3σ(26週)
21087.48  ボリンジャー:-3σ(13週)
 
寄付で25日線を大幅に下回り、一時200日線を割り込んだほか、終値は75日線を下回った。25日、75日、200日の各移動平均線が揃って下向きに転じており、明日12日以降に急反発しなければ相場全体が下落基調に入る公算が大きくなろう。
ボリンジャーバンドでは、日々線が-1σを割り込んだことから、-2σまで調整する可能性も視野に入れておきたい。
 
 
 
【株式分割】
 (11日大引け後 発表分)
●リンクバル <6046> [東証M]
10月31日現在の株主を対象に1→6の株式分割を実施。
最低投資金額は現在の6分の1に低下する。
 
 
 
a