兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。
会員情報作成
ログイン
初めてのお客様は、
『会員情報作成』から登録をお願い致します。
米ドル円は106円付近では上値重い。
【為替】米ドル円は106円付近では上値重い。
[概況]

8日、東京外国為替市場の米ドル円は106円付近では上値が重い展開となった。米国時間に発表された2月米ADP雇用統計(予想:20万人 結果:23.5万人)などが市場予想値を上回ったことなどを受け、米ドル円は106円台前半付近まで上昇した。
 
東京時間では米ドル円は一時106.220円まで上昇するも、その後は軟調な展開。現在、欧州時間に入り米ドル円は105.980円付近で推移し、やや売りが優勢か。この後は米新規失業保険申請件数(予想:22万件 前回:21万件)など米経済指標発表が予定されている。
 
テクニカル的には米ドル円は5日移動平均線(106.013円)付近を推移しており、仮に上抜けた場合は20日移動平均線(106.874円)が上値付近に控えている。


[提供:カネツFX証券株式会社]
 
a