兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。
会員情報作成
ログイン
初めてのお客様は、
『会員情報作成』から登録をお願い致します。
ダウ続落し171ドル安、 ハイテク株や原油安が相場の重し
【市況】ダウ続落し171ドル安、 ハイテク株や原油安が相場の重し
13日のNYダウ工業株30種平均は続落し、前日比171ドル58セント安の2万5007ドル03セントで終えた。
2月の消費者物価指数(CPI)が前月より鈍化し、インフレ上昇懸念の後退を受けて買いが先行した。
その後、ハイテク株に売りが広がったほか、原油相場の下落が嫌気され下落に転じた。
低調な物価指標を手掛かりに債券市場では長期金利が低下。利ざや縮小への懸念から次第に銀行株への売りが強まり、相場の重荷になった。
 
金利低下でゴールドマン・サックスなど銀行株が下落。主力ハイテク株にも利益確定売りが広がり、アップルやマイクロソフトが下げてダウ平均を押し下げた。取引終盤に下げ幅を広げ、一時は230ドル超下落した。
トランプ大統領は前日夕、安全保障上の懸念を理由にブロードコムによるクアルコム買収を禁じると表明したことも投資家心理を冷やしたという。クアルコム株の売りにつながったうえ、半導体業界の再編期待もしぼんだ。
 
本日、トランプ大統領がティラーソン国務長官を解任し、後任にポンペオ中央情報局(CIA)長官を指名すると発表したものの、相場への影響は限られた。
 
ナスダック総合株価指数は8営業日ぶりに反落し、前日比77.313ポイント低い7511.012で終えた。前日まで連日で最高値を更新した反動で、アルファベット(グーグル)やフェイスブックなど主力株の一角に利益確定売りが出た。
 
セクター別では、運輸や不動産が上昇する一方でソフトウェア・サービスや各種金融が下落した。
 
個別では、ゼネラル・エレクトリック(GE)が下落。JPモルガンのアナリストが目標株価を大幅に引き下げたのが嫌気された。半導体のクアルコム(QCOM)は、トランプ大統領が同業ブロードコムによる同社の買収を禁じる大統領令に署名し下落した。
シカゴ・オプション取引所を運営するCBOE・グローバル・マーケッツ(CBOE)は、CBOEボラティリティ指数(VIX)が不正操作されていたとの疑いで提訴され売られた。
 
一方で、スポーツ用品小売のディックス・スポーティング・グッズ(DKS)は、一株利益が予想を上振れ上昇した。
アナリストによる強気判断が相次いでいるマイクロン・テクノロジーへの買いも続いた。
航空会社のアラスカ・エア・グループは朝方発表した2月の輸送実績を手掛かりに買われた。
 
 
VIX指数は16.35と上昇(前営業日15.78)。米株先物指数は、オープン前は堅調に推移していたこともあり、VIX指数は一時15.03まで低下していた。オープン後も堅調に推移していたものの、ナスダック総合で利食いが入り、ダウ平均とSP500も連れ安になったことで徐々にVIX指数は上昇し、一時16.98まで上がった。
 
NYダウ工業株30種(ドル)
25,007.03−171.58
S&P500種
2,765.31−17.71
ナスダック
7,511.012−77.313
 
米10年債利回り(%)
2.8444 -0.026
米2年債利回り(%)
2.2579 -0.008
 
NY金(ドル/トロイオンス)
1,327.10+6.30   
NY原油(ドル/バレル)
60.80+0.09
円・ドル
106.43 - 106.44−0.54


 

【シカゴ日本株先物概況】

シカゴ日経平均先物は小幅反発した。
6月物は前日比35円高の2万1595円で引け、同日の大取終値を205円下回った。朝高で始まった後、ハイテク株を中心に利益確定売りが出て米株が下げるにつれて日経平均先物も伸び悩んだ。
この日の6月物高値は2万1925円、安値は2万1515円。
 

シカゴ日経225先物6月限 (円建て)
21595 ( -205 )
シカゴ日経225先物6月限 (ドル建て)
21650 ( -150 )
( )は大阪取引所終値比


【欧州株式市場】

■イギリス・ロンドン株価指数
FTSE100 7138.78(-75.98)
DAX 12221.03(-197.36)
FTSE100種総合株価指数は続落。前日12日の終値に比べ75.98ポイント(1.05%)安の7138.78で引けた。
低調な取引が続く中、午前は前日終値付近でもみ合った後、午後に入り、売り圧力が加速した。構成銘柄の9割近くが下落した。欧州株全体に売りが広がった。
 
午前は上昇していた時価総額の大きい石油株が売りに転じ、全面安となったほか、鉱業株も半数が売りに転じた。銀行株をはじめ、金融株にも売りが膨らみ、軒並み安くなった。
 
個別銘柄では、保険のセント・ジェームズ・プレイスや、アナリストが投資判断と目標株価を引き下げたダイレクトライン・インシュアランス・グループの下げが目立った。
通信のBTグループや広告のWPPグループ、特殊化学のジョンソン・マッセイが大幅下落した。
 
半面、鉱業のアントファガスタが高くなった。通年の業績が改善し、大幅な増配発表を好感した買いが入った。資源商社のグレンコアも上げた。
 
 
■ドイツ・フランクフルト株価指数
ドイツ株式指数(DAX)は売りに転じ、大幅反落した。終値は前日12日と比べて197.36ポイント安の12221.03だった。
午後に入り欧州株全体に売りが膨らんだ。幅広い銘柄に売りが広がり、上昇したのは電力エーオンと航空のルフトハンザだけだった。
 
個別銘柄では、放送大手のプロジーベンザット1メディアは続落。5%安で引けた。午前は買いが先行していた電力のRWEも安くなった。足元の利益を確定する売りが出た。
一方で事業交換の合意を発表した電力のエーオンは前日に引き続き高かった。
 
 
■フランス・パリ株価指数
CAC40 5242.79(-33.92)