兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。
会員情報作成
ログイン
初めてのお客様は、
『会員情報作成』から登録をお願い致します。
マザーズ指数は8日ぶり反落、利益確定売り
【市況】東証マザーズ市場(前引け)=マザーズ指数は8日ぶり反落、利益確定売り
東証マザーズ指数は前日比9.94ポイント安の1022.13ポイントと8日ぶり反落。
前日まで急ピッチの上昇で7日続伸しており、警戒感から個人投資家の利益確定売りが多くなっている。

値上がり銘柄数は73、値下がり銘柄数は179となった。
 
個別では、ACCESSが年初来安値を更新。キャリア、リンクバル、シリコンスタジオ、ソネット・メディア・ネットワークス、SKIYAKIが売られた。
 
一方、オンコリスバイオファーマが一時ストップ高と値を飛ばした。オイシックス・ラ・大地、農業総合研究所、オークファン、はてな、イーソルなど6銘柄は年初来高値を更新。ファイズ、レアジョブ、アズーム、カイオム・バイオサイエンス、テックポイント・インクが買われた。


 
a