兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。
会員情報作成
ログイン
初めてのお客様は、
『会員情報作成』から登録をお願い致します。
マザーズ指数は4日続伸、投資マインドは改善
【市況】東証マザーズ(大引け)=マザーズ指数は4日続伸、投資マインドは改善

東証マザーズ指数は前日比16.62ポイント高の1148.07ポイントと4日続伸した。
そーせいグループやサンバイオ、CYBERDYNEなど主力株へのリバウンド狙いの買いが続いて堅調に推移した。米朝首脳会談をにらみながら神経質な地合いだが警戒感は徐々に後退。投資マインドは改善している。
値上がり銘柄数は160、値下がり銘柄数は80となった。
 
個別では、アプリックスがストップ高。FRONTEO、すららネット、JMC、弁護士ドットコム、アドベンチャーなど10銘柄は年初来高値を更新。カイオム・バイオサイエンス、サインポスト、WASHハウス、テックポイント・インク、ディジタルメディアプロフェッショナルは値上がり率上位に買われた。
一方、ミクシィ、スタジオアタオ、SKIYAKI、ACCESSが年初来安値を更新。ユナイテッド、ヒューマン・アソシエイツ・ホールディングス、ベガコーポレーション、アスカネット、富士山マガジンサービスが売られた。

 
a