兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。
会員情報作成
ログイン
初めてのお客様は、
『会員情報作成』から登録をお願い致します。
NYダウは320ドル高と3日続伸、雇用統計受けた買い継続
【市況】NYダウは320ドル高と3日続伸、雇用統計受けた買い継続
9日のNYダウ工業株30種平均は3日続伸した。
前週末比320ドル11セント高の2万4776ドル59セントと6月18日以来3週ぶりの高値で終えた。上昇幅は6月6日以来ほぼ1カ月ぶりの大きさ。
 
前週末発表された6月の米雇用統計は、非農業部門の就業者数が市場予想を上回る前月比21万3000人増だったほか、働く意欲のある人の多さを示す労働参加率が上昇する堅調な内容。同統計を好感した買いが優勢となり、この日のダウは高寄りして始まった。
 
特に長期金利上昇で金融セクターに幅広く買いが広がった。貿易摩擦に関して新たな悪材料が出ていないことも安心感につながっており、終日堅調推移となった。
 
米主要企業による決算発表が13日の金融大手のJPモルガン・チェースやウェルズ・ファーゴなどから本格化する。4~6月期の米企業業績は大幅増益になると見込まれており、好業績を期待した買いが金融株などに入った。
 
週末を通じて貿易摩擦の激化への警戒感を誘う新たな材料が出ず、中国事業の比率が高い銘柄に見直し買いが入ったのも相場を押し上げた。建機のキャタピラーと航空機のボーイングが大幅高。2銘柄でダウ平均を87ドルあまり押し上げた。
 
バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチはこの日、S&P500種指数を構成する500社の2018年と19年の1株当たり利益予想をそれぞれ上方修正した。
 
市場関係者からは「中間選挙前に米経済を害する愚策は控えるだろう、米国がどこかで譲歩するだろうという観測が広がりつつある」との声が聞かれた。
 
ナスダック総合株価指数は同67.814ポイント高の7756.201と過去最高値を付けた6月20日以来の高値で終えた。アップルやアマゾン・ドット・コムなど主力株が軒並み買われ、指数を押し上げた。
 
セクター別では、銀行や保険が上昇する一方で公益事業や家庭用品・パーソナル用品が下落した。
 
個別銘柄では、ボーイングが2.2%高、キャタピラーが4.1%高、プラスチック製のストローを廃止する計画を明らかにしたコーヒーチェーンのスターバックス(SBUX)が1.9%高と上昇。電気自動車のテスラ(TSLA)は追加関税の影響で中国での販売課価格を大幅に引き上げ、上昇した。
 
一方で短文投稿サイトのツイッター(TWTR)は5.4%安、5月から6月にかけて利用規約などに違反する約7000万のアカウントを利用停止にしたことが報じられ、利用者数低下への懸念から大幅下落となった。また製薬のファイザー(PFE)は、トランプ大統領が薬価引き上げについて同社を名指しで批判し、上値の重い展開となった。
 
 
NYダウ工業株30種(ドル)
24,776.59+320.11
S&P500種
2,784.17+24.35
ナスダック
7,756.201+67.814
 
米10年債利回り(%)
2.8583 +0.027
米2年債利回り(%)
2.5611 +0.016
 
NY金(ドル/トロイオンス)
1,259.60+3.80   
NY原油(ドル/バレル)
73.98+0.13
円・ドル
110.87 - 110.88+0.47
 
 
 

【シカゴ日本株先物概況】

9日のシカゴ日経平均先物は続伸した。9月物は前週末比390円高の2万2185円で終え、大阪取引所の終値を115円上回った。
日米の株式相場が大幅高となったのを好感した買いが優勢で高値引けとなった。
 
シカゴ日経225先物9月限 (円建て)
22185 ( +115 )
シカゴ日経225先物9月限 (ドル建て)
22215 ( +145 )
( )は大阪取引所終値比
 


【欧州株式市場】

■イギリス・ロンドン株価指数
FTSE100 7687.99(+70.29)
FTSE100種総合株価指数は英通貨ポンド安などを背景に資源株の主導で3日続伸した。前週末6日の終値に比べ70.29ポイント高の7687.99で引けた。
この日のFT指数は高寄り後、7600台の前半から半ばで方向感なくもみ合いが続いたが、
午後にジョンソン英外相の辞任が伝わると、為替相場でポンド安が進み、構成銘柄に通貨安の恩恵を受ける企業が多いFTSE100には買いが広がりこの日の高値圏で引けた。
構成銘柄の約8割が上昇した。
 
個別では、産銅大手アントファガスタが3.4%高。英投資会社メルローズ・インダストリーズは2.8%高、英・豪系資源大手BHPビリトンは2.6%高。石油株もBPが買い戻され、全面高となった。英オンライン食品デリバリー大手ジャストイートは2.4%高、アナリストが投資判断を「トップピック銘柄」に推奨したことを手がかりに買われた。
 
半面、水道大手セバーントレントは3.1%安、同業ユナイテッド・ユーティリティーズ・グループは2.2%安とふるわなかった。
 
 
■ドイツ・フランクフルト株価指数
DAX 12543.89(+47.72)
ドイツ株式指数(DAX)は3日続伸した。終値は前週末6日と比べて47.72ポイン高の12543.89だった。
 
個別では、航空のルフトハンザが大幅上昇した。ITのSAPや半導体のインフィニオンテクノロジーズも上げた。一方で電力株が下落した。
 
 
 
■フランス・パリ株価指数
CAC40 5398.11(+22.34)
a