兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。
会員情報作成
ログイン
初めてのお客様は、
『会員情報作成』から登録をお願い致します。
マザーズ指数は5日ぶり反発、投資家心理改善
【市況】東証マザーズ(大引け)=マザーズ指数は5日ぶり反発、投資家心理改善

 
東証マザーズ指数も5日ぶりに反発した。終値は前日比28.90ポイント高い1025.24だった。米国株の反発と米国の対中制裁関税発動による出尽くし感もあって東京市場全般が反発地合いとなった。新興市場も投資家心理改善の恩恵を受けている。時価総額の大きいそーせいやミクシィ、JIAが上昇した。
値上がり銘柄数は227、値下がり銘柄数は27となった。
 
個別では、ロジザードがストップ高。ビープラッツは一時ストップ高と値を飛ばした。タイセイ、弁護士ドットコム、リンクバル、シルバーライフ、和心など6銘柄は年初来高値を更新。エンバイオ・ホールディングス、フィル・カンパニー、オンコリスバイオファーマ、トレンダーズ、JMCが買われた。
 
一方、キャンディル、メディネット、トラストホールディングス、ソケッツ、ダブルスタンダードなど14銘柄が年初来安値を更新。ZUU、シェアリングテクノロジー、海帆、ラクスル、ゼネラル・オイスターが売られた。



 
a