兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。
会員情報作成
ログイン
初めてのお客様は、
『会員情報作成』から登録をお願い致します。
買いにくい相場は高い、買いやすい相場は安い


解説

■買いにくい相場は高い、買いやすい相場は安い

株式相場においても、株価が安いと思われる銘柄は上がりにくく、逆に高いと思われる銘柄はさらに値を上げやすい、という格言です。

大相場に発展するとき、それは皆が買いを見送ったその後でしょう。

買いにくい相場とは、どんな相場なのか?

それは他の相場訓から「陰の極」「弱気一色」「総弱気」「閉散」な場面と言えます。

他には「初押し」「悪材料出尽くし」なども買いづらいでしょう。

こういった「怖いところでの買い」が買いの極意ではないでしょうか。

反対に「売りやすい相場は高く、売りにくい相場は高い」とも言えます。