兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。
会員情報作成
ログイン
初めてのお客様は、
『会員情報作成』から登録をお願い致します。
人の商い、うらやむべからず


解説

■人の商い、うらやむべからず

「人の商い、うらやむべからず」とは、他の投資家がどれだけ儲けていようが、それを羨んで冷静さを失うことがないようにという戒め的な格言です。

2000年以降、インターネット証券の台頭により、誰でも株式投資が行えるようになり、その中の一部の投資家は、短期間で多くの利益を得ました。

最近の株式投資人気から書店では「株で○億円稼ぎました」、「簡単に資産を○倍にする方法」などといった類の本がたくさん並んでいます。

簡単に大儲けしました的なことが書いてあり真似してみようなどと思ったりするかもしれませんが、それだけではうまくいきません。

株式投資において100%儲かる方法などないわけで、一部の成功者の体験談やテクニックが自分に当てはまる事はまず無いと思ったほうが良いでしょう。

他人の成功話を気にしてばかりでは自分のやり方に迷いが出たり自信が無くなったりもしてきます。

自分の考えで冷静な判断を、大切なのは自分の投資スタンスです。