みちしるべ 18年06月25日号
兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。
会員情報作成
ログイン
初めてのお客様は、
『会員情報作成』から登録をお願い致します。
話題レポート
michi.jpg

《Eimei「みちしるべ」》
(6月25日から6月29日の週)

6月最終週。
7月はじめに向けて配当の再投資で相場が底固いというのがアノマリーだ。
新安値348で反発した日経平均。
200日線を割れて反発したTOPIX。
山より大きな猪はいないのだから、いたずらに怯える必要はない。

「それが相場の特質と言うか、相場は常に変化から何かを探そうとしている。
米朝緊張のときは防衛関連が買われました。
米朝緊張緩和と言うか、米朝の雪解け、接近では人材交流関連が買われました。
ともあれ相場は変化を栄養分にして、関連銘柄を探す。
どんな時代でも変わりません」。
と老練な市場関係者。

市場関係者のメールで拝見した投資家さんの言葉。
すごく共感した。
「お医者さんが、患者の顔を見ないでパソコンばかり見ているといいます。
市場関係者もそうでらっしゃる方が多いのでしょうか。
高学歴ゆえに理屈・データ重視なのですかね。
理屈・データもいいのですが、いうまでもなく現実が最も重要ですよね」。
多くの銘柄がプロジェクトXなのだ。
企業も投資家もプロジェクトX。
無から有を生むという点で一緒だ。
つまり「市場価値の創造」こそ市場の醍醐味であるということにほかならない。
そこに機関投資家も個人投資家もない。
皆一緒のハズだ。

東証1部銘柄で6月に配当金を支払う企業は約1390社。
配当金の合計は過去最高規模となる約5兆5000億円となる見込み。
配当の再投資期待は高い。

日経平均想定レンジ

下限は22171円(6月月足陽線基準値)〜上限23211円(1月31日安値窓開け水準)


人類のDNAは均衡というテーマを持っているような気がする。
どこかが凹めばどこかが凸になる構図だ。
戦後のベニーブームなんていうのはその一例なのかも知れない。
そう考えれば市場がゼロサムという構図もスッキリ理解できるだろう。
それも永遠のゼロサムなのだ。
リーマンショックだって結局過去最高値への一里塚だった。
2012年の日経平均8000円台だってバブル崩壊後の半値戻しへの序章。
だったらトランプVS習体制の貿易問題だっていずれはゼロサムになるに違いない。
人が起こした事由は人が解決しうる問題であることが多いものだ。
「対米赤字がトランプ大統領の格好のターゲットになっただけ。
目的は中間選挙に向けて大統領は頑張っているというアピール。
狙いは中国ではなく中間選挙。
中国が対抗措置を講ずれば講ずるほどトランプ大統領にとってはプラス材料。
米中合意かどうかは不明だが・・・」。
そんな興味深い見方もある。
引きつけてバットを振るのがカーブの打ち方でもある。

言い換えれば人類社会に無限はないということになる。
市場も有限社会なのだ。
無限というのは錯覚。
市場には無限も無常もない。
これは結構大切だろう。
「願はくは花の下にて春死なん その如月の望月の頃」は西行法師。
「ゆく河の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず」は鴨長明。
「永遠なるもの」はゲーテのファウストでさえ見つけられなかった。

英下院でのEU離脱法案の採決。
交渉の行方について議会により大きな権限を与える修正案を反対多数で否決した。
採決結果は反対が319票、賛成が303票。
メイ政権が離脱を巡る議会の「意味のある採決」に関して妥協案を提示。
これに保守党内の親EU派議員が支持を表明した。
メイ首相は自党の抵抗勢力と対峙するリスクの高い戦略を取った格好。
「これが功を奏した形となった」との解釈だ。
メイ首相は今後もEU離脱前に複数の法案を議会で可決する必要がある。
「EU離脱の青写真となる法案を巡る対立は今後も続く可能性が残っている」との声が聞こえる。
ということは・・・。
ブレグジットは消える可能性もまだあるということ。
だから相場は面白いのかも知れない。
一方でEUの対米報復関税は明日発動される。
鉄鋼製品に加え、ハーレーダビッドソン、バーボン・ウィスキーなどが品目。
独メルケル首相が「日本は親密なパートナー」と接近してきた背景もココにあるのだろう。
トランプ劇場がもたらした日独の久々の接近。
「対米追従なのか親欧州」なのか。
「脱亜入欧」という明治時代の言葉が甦ってくる。


(兜町カタリスト 櫻井英明)

特定商取引に関する表記 会員規約 プライバシーポリシー サイトポリシー お問い合わせ
免責事項
このサイトの情報は、投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではありません。銘柄の選択、投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 このサイトの情報は、信頼できると考えられる情報に基づいて作成されていますが、潟Aイロゴスは、その正確性および完全性に関して責任を負うものではありません。このサイトの情報に記載された意見は、公開日における判断であり、予告なく変わる場合があります。 このサイトの情報のいかなる部分も一切の権利は潟Aイロゴスに帰属しており、電子的または機械的な方法を問わず、いかなる目的であれ、無断で複製または転送等を行わないようにお願いいたします。
利用推奨環境

【パソコン】
・OS
Windows:Windows Vista以降
Macintosh:Mac OS X 10.5以降
・ブラウザ
Windows:Internet Explorer 9.0以降、Firefox最新版、Google Chrome最新版、またはそれに相当するブラウザ。
Macintosh:Safari 5.0以降、またはそれに相当するブラウザ。
※JavaScriptの設定をオンにしてご利用ください。
※当サイトでは、「FLASH PLAYER」を使用しております。最新版はこちらからご利用ください。

ブラウザDL
【Internet Explorer】の最新バージョン(無料)を、左のボタン画像をクリックし、手順に従ってインストールしてください。
【Firefox】の最新バージョン(無料)を、左のボタン画像をクリックし、手順に従ってインストールしてください。
【Safari】の最新バージョン(無料)を、左のボタン画像をクリックし、手順に従ってインストールしてください。
【chrome】の最新バージョン(無料)を、左のボタン画像をクリックし、手順に従ってインストールしてください。
【Flash Player】このサイトの動画再生では、Adobe Flash Player(無料)が必要です。左のボタン画像をクリックし、手順に従ってインストールしてください。
(C)ilogos
a