みちしるべ 19年01月28日号
兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。
会員情報作成
ログイン
初めてのお客様は、
『会員情報作成』から登録をお願い致します。
話題レポート
michi.jpg

《Eimei「みちしるべ」》

(01月28日から02月01日の週)


先週末に聞こえてきた声。
「短期上昇トレンドを取り戻した。
21日のザラバ高値(20892円)を抜けなかったが終値ベースでは今年の高値。
3日間の足踏みはイライラさせられたが相場底堅さの確認場面だった。
東京エレクトロン上昇は悲観相場からの回復という流れ」。

1月SQ値20290円はその後下回ったことはない。
米企業決算はアップル(29日)、フェイスブック(30日)、アマゾン(31日)。
国内決算発表も佳境に入る。
1月30日(水)179件、31日(木)400件。
2月1日(金)155件と前半のピーク。
2月4日(月)123件、5日(火)165件、6日(水)167件。
7日(木)262件、8日(金)545件。
FOMCから週末の雇用統計、そして決算が絡む週。


日経平均想定レンジ

下限20656円(5日線)〜上限21429円(25日線の5%プラスかい離水準)


相場で重要なのは定点観測。
指標やスケジュールのチェックということ。
しかしチェックだけならサルでも出来る。
問題は違和感を感じることができるかどうかだ。
それは記憶の中にある過去の数字と現実とギャップとの遭遇の際に生じる。
その先のシナリオまで創造(想像ではない)できるかどうかだ。
創造が難しければ、考えられるどうか。
考え抜けるかどうか。
これが一歩進んだ相場勘だろう。

文芸評論家の小林秀雄氏の名作は「考えるヒント」。
「考えるとは合理的に考えるということ。
能率的に考えることが合理的に考えるということではない。
考えているつもりだが、実は考える手間を省いている。
そんな光景が至る所に見える。
物を考えるとは、掴んだら離さぬということだ。
能率的に考えるとは形式的に考えるということであり、形式的に考えるということは何も考えないと一緒。
だから不毛の議論ばかりが横行する」。

元来が難解な文章を提供してくれた人だが、深い。
結果の見えないことをあえて選んで議論するのは時間の空回り。
この不毛の議論が好きな人は市場に限らず世間に多い。
経済学者などの議論はまさにそんな印象だ。

IT企業の変遷を見ていて改めて変化への対応ということを考えさせられた。
バブルの頃はメインフレーム時代。
それがバブル崩壊以降はクライアント・サーバーに時代。
ITバブルが崩壊すると今度はWebコンピューティング。
さらにリーマンショック以降はクラウド・コンピューティング。
今はデジタル・トランスフォーメーション。

ダーウィンの法則のように逆行に順応するような格好で成長してきている。
逆に考えると、何らかの景気下降局面を迎えると、新たな展開をしてきたのが歴史だ。

あるいは・・・。
インターネット以前はパソコンを操れる者は神様みたいだった。
ITバブルが崩壊したらインターネットを操れるものがヒーローだった。
HPを作成できることがものすごいことのように思われていた。
あれをネットバブルと呼んだのは正しかったのかも知れない。

直近はスマホ。
モバイルという言葉で代表されるが、パソコンではなくスマホが主流。
しかしこれも間もなくAI・ロボットに主役の座を譲ろうとしている。
起きているのはどの時代でも技術の大衆化。
あるいは普遍化、一般化。
ヒーローがただの人になる時がくるという訳だ。
新たな主役はその存在の大きさを加速する。
どのツールにおいてもだ。

今はAIが操れる人は神様みたいなもの。
それによってあらゆる産業が再定義化された先の主役を市場は待っている。

しかも・・・。
興味深いことに技術と主役の変化は景気の悪化とともに起きている。
これは邪魔者を淘汰するという歴史の流れなのかも知れない。
ぶら下がった陳腐な技術は不景気で淘汰され、その先にそれ以上に拡大した明るい未来がある。
これは過去40年近い歴史の中で証明されてきた。

だったら、テキトーな景気成長ではなく、淘汰のための景気後退も必要かも知れない。
そう考え得ると、マーケットから不安は消えてこようか。
相場はある意味で「打って返し」の世界でもある。

「元祖AI、本舗AI」というAI特化型の企業HEROZ(4382)の林社長のコメント。
「AI革命を起こし、未来を作っていく」だった。
現時点でAIは人に追いつこうとしている。
しかし、AIはいずれ人を超え、当たり前のものになる。
その時、人は思考をAIに委ね肉体をロボットに代替する
そして日本サードパーティ(2488)の森社長。
「AI=デジタル新入社員が立ち上がれば、人の労務は削減されます。
デジタル新入社員を育成する側の仕事や、特別なお客様への対応に従事したりできより品質の高いサポートが実現します。
また、働き方が変わり、一日8時間の労働時間から短縮する働き方に変えることが可能になります。

AIの技術により、効率的な働き方が進み、1日8時間会社で仕事をするスタイルが激変します。
より効率的に働いた方が対価報酬を得ることになるのです。
まさに働き方改革。
現在は第4次産業革命と言われています。
IT技術の革新により、世の中が大きく変わりつつあることを実感されている方は多いでしょう」。
車が空を飛び、ロボットは労働を代替する。
ややこしい推理はAIが担ってくれるし、データの活用も万全だ。
それは未来社会。

つまり「楽に楽しく」の実現のための企業努力や研究開発が行われているということ。
明るい未来のために、資本面で応援している株式市場は案外悪くないという思考法になる。
FXやコモデティではこんな未来は描けないだろう。

(兜町カタリスト 櫻井英明)

特定商取引に関する表記 会員規約 プライバシーポリシー サイトポリシー お問い合わせ
免責事項
このサイトの情報は、投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではありません。銘柄の選択、投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 このサイトの情報は、信頼できると考えられる情報に基づいて作成されていますが、潟Aイロゴスは、その正確性および完全性に関して責任を負うものではありません。このサイトの情報に記載された意見は、公開日における判断であり、予告なく変わる場合があります。 このサイトの情報のいかなる部分も一切の権利は潟Aイロゴスに帰属しており、電子的または機械的な方法を問わず、いかなる目的であれ、無断で複製または転送等を行わないようにお願いいたします。
利用推奨環境

【パソコン】
・OS
Windows:Windows Vista以降
Macintosh:Mac OS X 10.5以降
・ブラウザ
Windows:Internet Explorer 9.0以降、Firefox最新版、Google Chrome最新版、またはそれに相当するブラウザ。
Macintosh:Safari 5.0以降、またはそれに相当するブラウザ。
※JavaScriptの設定をオンにしてご利用ください。
※当サイトでは、「FLASH PLAYER」を使用しております。最新版はこちらからご利用ください。

ブラウザDL
【Internet Explorer】の最新バージョン(無料)を、左のボタン画像をクリックし、手順に従ってインストールしてください。
【Firefox】の最新バージョン(無料)を、左のボタン画像をクリックし、手順に従ってインストールしてください。
【Safari】の最新バージョン(無料)を、左のボタン画像をクリックし、手順に従ってインストールしてください。
【chrome】の最新バージョン(無料)を、左のボタン画像をクリックし、手順に従ってインストールしてください。
【Flash Player】このサイトの動画再生では、Adobe Flash Player(無料)が必要です。左のボタン画像をクリックし、手順に従ってインストールしてください。
(C)ilogos
a