みちしるべ 19年02月12日号
兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。
会員情報作成
ログイン
初めてのお客様は、
『会員情報作成』から登録をお願い致します。
話題レポート
michi.jpg

《Eimei「みちしるべ」》

(2月12日から2月15日の週)

週末の第53回スーパーボウルはAFCのペイトリオッツがNFCのラムズを13対3で破り2年ぶりに王者となった。
アノマリー的にはAFCのチームが勝ったことから株安が警戒される。
ただ2018年まではスーパーボウル・アノマリーと正反対の展開。
「アノマリーが4年連続で破られるなら今年の米株は上昇となりそう」という逆解釈も聞こえてきた。

朝7時15分からの兜町での「朝活」。
聞いてみたのは「ホンマルキとハナマルキの違い知ってますか」。
会場はシーン。
「では誠備は?マルキは?」。
誰も知らない世界と化していた。
仕手株なんて既に失われた言葉。
記憶の彼方の世界でもある。

これは証券市場の世代交代の印でもあるのだろう。
良いことや悪いことは混在していうのが相場の歴史だが、歴史は消えつつあるということ。
当然ながら「仕手」なんて言葉は市場から消えた。
そのうち「手振り」とか「手張り」なんて言葉も消えるのだろう。
きれいになった市場にはきれいな相場が似合うようになってくるのだろう。
「100%儲かる指示を出すAIに従いますか?」の質問に「ハイ」と答える人は少しずつ増えてきた。
でも「全資金をAIに任せますか。
あるいは半分はAI、半分は自分の判断にしますか?」と伺うと・・・。
ほぼ全員が「半分は自分の判断で投資したい」。
これが本音なのだろう。

相場にはやはり「生き様」が必要ということ。
相場に人生を投映している投資家さんは多いということである。
相場は常に「恩讐の彼方」と言えるのかも知れない。


日経平均想定レンジ

下限20101円(1月10日安値)〜21000円(心理的壁水準)

経朝刊に登場したのはトランプ大統領の一般教書演説とソフトバンクGの孫正義氏。
どちらも似たもの同士に見えるのは気の所為だろうか。
孫氏のコメント。
「中国が急激に伸びてきているので摩擦が起こる。
不満をお互い言い合って妥協点を見つければいずれ収まってくると思う。
日米にもかつて摩擦はあった」。
これはトランプ大統領の発言であっても違和感がない。
そして孫氏。
「社長として69歳までは続ける。
19歳の時、69歳までに次のバトンを渡すと決めた。
69歳を過ぎたら、会長兼CEOとなるのか。
会長としてアクティブだがCEOに日常業務を任せるのか。
そのときに判断する」。
引き際を明確に決めて老害を予防するのも創業経営者の務めであることは間違いない。
部下の実力と茶坊主の区別がつかなくなったら引退というのが正解なのだろう。

因みに孫氏は筆者と同年齢。
「69歳」というのは結構長い。
しかし徐々に70歳までは仕事というのが一般的になってきたのも事実だ。
それにしても決算は良好。
純利益はトヨタを上回り最高益。
営業利益も過去最高。
事業会社という蓑を脱いだのでわかりやすくなった。
あの会社は最初から「投資ファンド」なのだ。
たまたま対象がIT関連への投資だから「IT」っぽく見えるが実態は投資ファンド。
それが明確に現れてきたということ。
わかりやすい。

そのソフトバンクGの決算と自社株買いの発表を報じたのが水曜大引け直後。
東京マーケットワイドでのコメントは「今相場が終わったばかりなのに明日に目が行くのが相場関係者のクセ。
宿命とか宿痾みたいなもの。
しかし今まで動いていて相場を忘れることがあるから注意」。
まとめれば「常に明日を見る。
けれど今日を忘れてはいけない」。
字にすると禅問答のように聞こえてくる。


日経朝刊に掲載され始めた「4〜12月期決算集計状況」。
4日時点で通過したのは全体の38.7%。
第3四半期売上高は△4.4%、同経常利益は▲2.1%、同純利益は▲4.9%。
通期見通しで売上高は△3.4%、同経常利益は▲1.0%、同純利益は▲2.1%。
一転して減益見通しとなった。
5日時点では全体の44.9%が通過。
第3四半期売上高は△9.3%、同経常利益は▲1.2%、同純利益は▲3.7%。
通期見通しで売上高は△7.1%、同経常利益は▲0.1%、同純利益は▲0.7%。
8日時点では全体の80.3%が通過。
第3四半期売上高は△7.3%、同経常利益は△2.7%、同純利益は▲2.7%。
通期見通しで売上高は△5.6%、同経常利益は△3.5%、同純利益は▲0.4%。
今後の展開によっては増益維持の可能性もある。
新聞では記事が重要視されるが、もっと大切なのはこういう裸の数字。
記者の解釈を交えずに冷静に分析することで見えない敵や訳のわからない恐怖からは解放されることが多い。
無味無臭あるいは無味乾燥の数字データから明日を読むという動作こそ一番大事だと思う。

因みに時系列で追ってみると・・・。
昨年5月の前3月期決算時点。
2018年3月期売上高は△8.0%、同経常利益は△17.0%、同純利益は△34.7%。
2019年通期見通しで売上高は△2.7%、同経常利益は△1.0%、同純利益は▲2.1%。
昨年8月の「4〜6月期決算集計上昇」時点。
第1四半期売上高は△7.9%、同経常利益は△16.5%、同純利益は△27.9%。
2019年通期見通しで売上高は△3.1%、同経常利益は△2.1%、同純利益は▲0.3%。
昨年11月の「4〜9月期決算集計上昇」時点。
第1四半期売上高は△7.5%、同経常利益は△12.3%、同純利益は△19.5%。
2019年通期見通しで売上高は△3.7%、同経常利益は△6.8%、同純利益は△1.6%。

(兜町カタリスト 櫻井英明)

特定商取引に関する表記 会員規約 プライバシーポリシー サイトポリシー お問い合わせ
免責事項
このサイトの情報は、投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではありません。銘柄の選択、投資判断の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 このサイトの情報は、信頼できると考えられる情報に基づいて作成されていますが、潟Aイロゴスは、その正確性および完全性に関して責任を負うものではありません。このサイトの情報に記載された意見は、公開日における判断であり、予告なく変わる場合があります。 このサイトの情報のいかなる部分も一切の権利は潟Aイロゴスに帰属しており、電子的または機械的な方法を問わず、いかなる目的であれ、無断で複製または転送等を行わないようにお願いいたします。
利用推奨環境

【パソコン】
・OS
Windows:Windows Vista以降
Macintosh:Mac OS X 10.5以降
・ブラウザ
Windows:Internet Explorer 9.0以降、Firefox最新版、Google Chrome最新版、またはそれに相当するブラウザ。
Macintosh:Safari 5.0以降、またはそれに相当するブラウザ。
※JavaScriptの設定をオンにしてご利用ください。
※当サイトでは、「FLASH PLAYER」を使用しております。最新版はこちらからご利用ください。

ブラウザDL
【Internet Explorer】の最新バージョン(無料)を、左のボタン画像をクリックし、手順に従ってインストールしてください。
【Firefox】の最新バージョン(無料)を、左のボタン画像をクリックし、手順に従ってインストールしてください。
【Safari】の最新バージョン(無料)を、左のボタン画像をクリックし、手順に従ってインストールしてください。
【chrome】の最新バージョン(無料)を、左のボタン画像をクリックし、手順に従ってインストールしてください。
【Flash Player】このサイトの動画再生では、Adobe Flash Player(無料)が必要です。左のボタン画像をクリックし、手順に従ってインストールしてください。
(C)ilogos
a