兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。
会員情報作成
ログイン
初めてのお客様は、
『会員情報作成』から登録をお願い致します。
株ちゃんの明日読み――・・・・・・
堅調な地合いか

堅調な地合いか

連休明けの市場は日経平均が7日続伸。終値は前週末比70円高の2万3940円で、1月24日以来、約8カ月ぶりの高値となった。 9月中間決算の配当権利取りや再投資を目的とした先回り買いなどで幅広く買われ終日堅調に推移。   テクニカル面では日経平均と比べてやや出遅れ感があったTOPIXがしっかり節目を抜いてきたことで、全体も一段と底堅さを増すだろう。外部環境が落ち着いていれば、配当落ちを埋めた上に24000円台回復といった展開も十分期待できる。   小動きとはいえ70円高で終値で23900円台に乗せており、値上がり銘柄の数も多い。 明日は配当落ちの影響も...

為替市況コメント
米ドル円は仲値にかけて一時113円まで上昇。
【為替】米ドル円は仲値にかけて一時113円まで上昇。

[概況] 25日、東京外国為替市場の米ドル円は仲値公示にかけて、実需筋の買いなどから一時113.000円まで上昇し、その後は112円台後半で推移している。   現在、欧州時間に入り、米ドル円は112.900円付近で本日の高値圏を維持している。この後は、日米通商協議(FFR)などが控えており、内容が伝わるまでは積極的な売買には繋がり難いか。 テクニカル的には米ドル円は下値付近に5日移動平均線(112.626円)などが控えており、下値サポートとなりそうか。 [提供:カネツFX証券株式会社]  

ジャスダック市場(大引け)
日経ジャスダック平均は続伸、配当や株主優待の権利取りを狙った買い
【市況】ジャスダック市場(大引け)=日経ジャスダック平均は続伸、配当や株主優待の権利取りを狙った買い
 

日経ジャスダック平均株価は続伸した。終値は前週末比13円19銭高の3816円38銭と8月31日以来の高値だった。   最高値を更新している米国株に日本株の出遅れ感が強いとの見方が広がるなか、個人投資家のマインドが改善しており、主力の東証1部市場に比べこれまで物色の圏外に置かれていたジャスダック市場への見直し買いが継続する格好となった。 25日は9月中間期末の配当や株主優待の権利確定日だった。このため「売りを手控える雰囲気が強く、株価は上昇しやすかった」という。 午後は値動きの軽いバイオ関連株などに物色が向かった。 市場では、10月にかけて新規株式公開(IPO)が増...

東証マザーズ市場(大引け)
マザーズ指数は続伸、買いがやや優勢
【市況】東証マザーズ(大引け)=マザーズ指数は続伸、買いがやや優勢

東証マザーズ指数は前週末比8.25ポイント高の1048.68ポイントと続伸。 9月5日に付けた取引時間中の直近高値を更新した。   前日の米国市場におけるSOX指数の上昇などテクノロジー銘柄が上昇したことや、為替が1ドル=113円台近辺まで円安が進行したことなどから、朝方からマザーズ銘柄へと関心が向かった。 個別材料株やバイオ関連などに対するテーマ物色がみられる展開となった。一方で、日米首脳会談などの重要イベントを控えたなかで、積極的な上値追いの動きは限られた。   売買代金は概算で988.37億円。騰落数は、値上がり136銘柄、値下がり117...

相場概況(大引け)
70円高、配当再投資目的の買いが下値支え
東京株式(大引け)=70円高、配当再投資目的の買いが下値支え

【大引け概況】 3連休明け25日の日経平均株価は7日続伸した。 前週末比70円33銭高の2万3940円26銭で終え、節目の2万4000円に接近した。 本日のマーケット動画 時間:00:01:35 容量:13.5M 過去のマーケット動画はこちら   1月24日以来約8カ月ぶりの高値。   前日の米国株市場でNYダウが180ドル強の下げをみせたこともあって、目先利益確定の動きも表面化したが、相対的な出遅れ感から物色意欲は根強く、日経平均は結局7日続伸となった。7営業日合計で日経平均は1300円...

相場概況(寄り付き後)
日経平均株価は前場終値比で横ばい
【市況】東京株式(寄り付き)=日経平均株価は前場終値比で横ばい

【寄り付き概況】 後場寄り付きの東京株式市場では、日経平均株価は、前営業日比41円16銭高の2万3911円09銭で始まった。東証株価指数(TOPIX)は、12.52ポイント高の1816.54で始まった。   先高期待感が強く、押し目買いで小幅高となった前場の流れを引き継ぎ、日経平均株価、TOPIXともに強含み。輸出関連の大型株に買いが入っている。   外国為替市場では、1ドル=112円80銭近辺の推移。アジアの主要株式市場は高安まちまち。   本日は9月末の権利付き最終売買日となるため、配当や株主優待の権利取りの動きもあるようだ。...

ジャスダック市場(前引け)
日経ジャスダック平均は続伸、権利取り狙いの買い
【市況】ジャスダック市場(前引け)=日経ジャスダック平均は続伸、権利取り狙いの買い

日経ジャスダック平均株価は続伸した。前引けは前週末比10円45銭高の3813円64銭だった。 3、9月期決算銘柄の権利付き最終売買日にあたり、配当や株主優待の権利取り狙いの買いが優勢となった。   ジャスダック市場の売買代金は概算で341億円、売買高は5348万株。 値上がり銘柄数は363、値下がり銘柄数は245となった。   個別では、マサル、ミューチュアル、テリロジー、インフォコム、カイノスなど9銘柄が年初来高値を更新。オプトエレクトロニクス、リリカラ、リプロセル、サンユー建設、イボキンが買われた。 一方、サムシングホールディングス、マ...

東証マザーズ市場(前引け)
マザーズ指数は続伸、押し目を拾う動き
【市況】東証マザーズ市場(前引け)=マザーズ指数は続伸、押し目を拾う動き

東証マザーズ指数は前週末比8.18ポイント高の1048.61ポイントと続伸した。 押し目を拾う動きがでており、下値の堅さが確認出来ている。 短期資金が直近IPO銘柄や各種テーマ株などへ物色されている。 値上がり銘柄数は122、値下がり銘柄数は131となった。   個別では、エクスモーションが一時ストップ高と値を飛ばした。オイシックス・ラ・大地、リネットジャパングループ、ラクス、ダブルスタンダード、UUUMなど7銘柄は年初来高値を更新。アイ・ピー・エス、エンバイオ・ホールディングス、GameWith、クックビズ、ラクスルが買われた。 一方、トライステージ、WAS...

相場概況(前引け)
39円高 小幅続伸 円安や権利取り狙いの買い 
東京株式(前引け)=39円高 小幅続伸 円安や権利取り狙いの買い 

25日午前の日経平均株価は続伸した。午前終値は前週末比39円98銭高の2万3909円91銭だった。 前週からの好地合いを支えに小高い水準でのもみ合いが続いた。中国の上海株価指数は反落しているが、影響は限定的だった。 前日の米株市場では米中貿易摩擦への警戒感からNYダウが180ドル強の下落となったことで、前週末まで6連騰で計1200円以上の上昇をみせている日経平均も目先利益確定の動きがみられる。   外国為替市場では1ドル=112円台後半の円安に振れていることが主力株中心に支援材料となっている。3、9月期決算企業の権利付き最終売買日に当たることで、配当権利取り狙い...

Eimei みちしるべ
みちしるべ 18年09月25日号


馬渕レポート 時の花
03_katakome41.jpg 馬淵レポート 時の花 09月25日

a