兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。
会員情報作成
ログイン
初めてのお客様は、
『会員情報作成』から登録をお願い致します。
相場概況(後場寄り付き)
前場終値と比較して若干上げ幅を縮小
【市況】東京株式(後場寄り付き)=前場終値と比較して若干上げ幅を縮小

【後場寄り付き概況】 後場寄り付きの日経平均株価は、前営業日比114円90銭高の2万2205円02銭で始まった。東証株価指数(TOPIX)は、3.25ポイント高の1618.22で始まった。 日経平均株価、東証株価指数(TOPIX)はともにしっかり。米国株高を好感した押し目買いから反発した前場の地合いを引き継いでいる。ただ、イースター休暇に伴い海外投資家の動きが鈍く、投資意欲は停滞気味だ。   外国為替市場では、1ドル=111円90銭台の推移。アジアの主要株式市場は高安まちまち。   個別では、年初来高値を大幅に更新した任天堂が高値でもみ合...

アフターランチ
「進化」
「進化」

「進化」   前場までの今年の勝ち負け。 ↓ 月曜10勝3敗。 火曜9勝6敗。 水曜8勝7敗。 木曜4勝10敗。 金曜11勝5敗。   先日ある企業のトップと話していたのは「進化するIR」という話題。 十年一日の如く同じプレゼンを繰り返す企業もあれば1回1回違ったIRを行う企業もある。 あるいは形は同じでも中身がその都度進化している企業がある。 この違いは何なのだろう。 トップの意識の差、社員の創育工夫の問題。 あるいは局面が業容の拡大や低迷というのもあろうか。 残念ながら株価が下がっていたり、動いて...

相場概況(前引け)
133円高と堅調、米株反発を好感
東京株式(前引け)=133円高と堅調、米株反発を好感

19日午前の日経平均株価は反発した。前日比133円29銭高の2万2223円41銭で前場を終えた。東証株価指数(TOPIX)は4.22ポイント高の1619.19と、ともに堅調だった。   朝方は、良好な米経済指標や米企業決算を背景に18日の米国株式が上昇した流れを受け、買い優勢で始まった。外国為替市場で円相場が1ドル=112円近辺の円安水準で推移し、電機など輸出関連銘柄の買い安心感につながった。 主力の家庭用ゲーム機を巡り中国で販売に乗り出すと伝わった任天堂が大幅に上昇した。その関連株も軒並み人気化するなど全体地合いを牽引した。 「信用取引などを通じて同社株を保有...

ジャスダック市場(前引け)
日経ジャスダック平均は反発、好材料銘柄への買い
【市況】ジャスダック市場(前引け)=日経ジャスダック平均は反発、好材料銘柄への買い

日経ジャスダック平均は前日比6円36銭高の3457円06銭と反発した。 好材料の出た銘柄などには引き続き個人マネーが流入しており、選別色が一段と強まっていた。朝高後は週末とあって持ち高調整目的の売りが出て、上値は重かった。 値上がり銘柄数は337、値下がり銘柄数は214となった。   個別では、ビーマップ、環境管理センター、愛光電気が一時ストップ高と値を飛ばした。ウエストホールディングス、ソーバル、プラマテルズ、No.1、東洋合成工業など16銘柄は年初来高値を更新。ベクター、シライ電子工業、ジャストプランニング、メディシノバ・インク、サカイホールディングスが買わ...

東証マザーズ市場(前引け)
マザーズ指数は反発も上値思い
【市況】東証マザーズ市場(前引け)=マザーズ指数は反発も上値思い

  東証マザーズ指数は前日比1.41ポイント高の934.42ポイントと反発。 良好な米経済指標を受けてNYダウが反発したことから、マザーズ市場も好材料銘柄中心に買いが先行している。しかし、今晩の欧米市場は、聖金曜日で休場となり、海外勢のフローが限られ、手掛かり材料にも欠けることから、ポジション調整の売りも出ている状況。 また、週末であることや、来週から本格化する主力企業の決算発表を控えており、個人投資家による積極的な上値追いの動きも限定的となっている。 値上がり銘柄数は164、値下がり銘柄数は94となった。   個別では、はてな、カオナビがスト...

相場概況(寄り付き後)
147高と反発、米株高を受け買いが優勢
【市況】東京株式(寄り付き)=147高と反発、米株高を受け買いが優勢

【寄り付き概況】 19日の日経平均株価は、前日比147円95銭高の2万2238円07銭と反発してスタート。 前日の米国株市場では主要指数がいずれも上昇、NYダウは昨年10月初旬以来約半年ぶりの高値圏で最高値更新も視野に入っている。 これを受けて相対的に出遅れる東京市場でもリスク選好ムードが復活、主力株をはじめ広範囲に買いが向かう形となっている。ただ、今晩の米国株市場は聖金曜日の祝日で休場となることもあって、外国人投資家の売買は細ることが予想され、買い一巡後は上値が重くなるとの見方もある。   総務省が取引開始前に発表した3月消費者物価指数は、生鮮食品を除く総...

カタリストコメント
「グッドフライデー」
「グッドフライデー」

  「グッドフライデー」   NY株式市場で主要3株価指数が小幅反発。 19日は聖金曜日(グッドフライデー)の祝日で休場。 週間ではNYダウとNASDAQが上昇。 S&P500が4週ぶりに下落した。 小売売上高は前月比1.6%増と2017年9月以来1年半ぶりの大幅な伸びで着地。 新規失業保険申請件数(季節調整済み)は前週比5000件減の19万2000件。 1969年9月以来49年半ぶりの低水準継続。 中国商務省の高峰報道官が米中通商交渉の合意文書に関する協議で新たな進展はあったとコメント。 支援材料となった。 S&P500採用...

相場展望(寄り付き前)
堅調な展開か
【オープニングコメント】
堅調な展開か

19日の東京株式は反発後、堅調な展開となりそう。 日経平均の予想レンジは、2万2100円-2万2400円を想定。 18日のNYダウが反発した動きを受け、上昇を素直に好感した買いが入ると予想する。 きのうの日本株は米株先物の下落に過敏に反応した感もあり、買い戻しが加速すると考える。 為替相場は、ドル・円が1ドル=112円前後(18日終値は111円84-85銭)、ユーロ・円が1ユーロ=126円台の後半(同126円05-09銭)と円安方向で推移。輸出関連銘柄に、見直しの動きがみられそう。 シカゴ日経平均先物の円建て清算値は、18日の大阪取引所終値比140円高の2万2250円だった...

株価材料NEWS
【株価材料NEWS】
【株価材料NEWS】

[株価材料]     ■トヨタ紡<3116> 富士裾野工場を20年12月までに閉鎖 東北・中部に生産集約   ■特殊陶<5334> 排ガス浄化に役立つ自動車向け高性能センサーの生産を倍増   ■不二サッシ<5940> 光建材事業で19年度売上高を前年度見込み比10億円増に   ■シャープ<6753> 8K映像対応の監視カメラを開発 画素数はHD映像より16倍   ■サノヤス<7022> ブラスト処理効率化で連...

為替市況コメント
良好な米指標にドルは買われ、独やユーロ圏指標の悪化にユーロ安
【為替】良好な米指標にドルは買われ、独やユーロ圏指標の悪化にユーロ安

[概況] 欧州市場序盤に当日安値111.755円まで下げたドルは、NY市場に入り発表された3月小売売上高は予想を上回り、新規失業保険申請件数も予想より減少した事などに買われて、NY市場朝方に欧米市場高値となる112.025円まで反発した。   しかし4月フィラデルフィア連銀景況指数は予想を下回りドルは112円を維持出来ず、続いて発表された3月景気先行指数は予想通りで、ドルはNY市場安値111.845円まで反落した。   しかし其の後はNY株式市場の上昇にドルも買い戻されて中盤に再度112円を回復し、112円を挟んで揉み合いのあと、最後は前日比...

a