兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。
会員情報作成
ログイン
初めてのお客様は、
『会員情報作成』から登録をお願い致します。
毎日コラム
ポイント投資の税金は?


最近話題のポイント投資。
しかし、「ポイントとはいえ、利益が出たら税金はどうなるの?」と思われる方もいらっしゃるでしょう。
ポイント投資の利益に税金はかかるの? 確定申告は必要なの?
ポイント投資の税金関係を確認します。
 
まず、ポイント投資には「ポイントのまま運用するタイプ」と「ポイントを現金に変えて運用するタイプ」があります。
ドコモのdポイント、クレディセゾンの永久不滅ポイントといったポイント運用型と、楽天証券、トラノコのような現金運用型の2タイプなどがあります。
 
 
基本的には税金がかからないポイント運用タイプです。
ポイント運用タイプの特徴は、貯めたポイントをそのまま、証券口座の開設なしに運用するもの。手数料がかからず運用でき、払い戻しもポイントとなります。
そのため、利益確定してもポイント会社からポイントが付与されたものとみなされ、税務上は「一時所得」となります。
一時所得の特別控除額は50万円で、この金額を超えないと課税されないため、基本的には税金はかからないと考えてもよいでしょう。
 
年50万という水準の利益をdポイント投資であげるのはかなりハードルが高いと思われますので、多くの方にとっては、あまり気にする必要はないと思います。
 
さらに、サラリーマンなどの給与所得者は、給与所得と退職所得以外の所得が20万円を超えない限り申告が不要です。
ポイント投資で仮に50万円を超える利益が出ても、70万円を超えるまでは税金が発生しません。
 
もともと確定申告する方や他に一時所得がある方は注意です。
20万円までの申告不要制度は「税金がかかりません」という制度ではなく、「申告しないでいいですよ」という制度です。そもそも確定申告する方で、ポイント投資の利益が50万円以上ある場合は申告しないといけません。
 
 
ポイントを現金に変えて運用するタイプのものは上場株式等の譲渡所得扱いとなり、税金が発生する可能性が高くなります。
現金運用タイプは、貯めたポイントを証券口座に移し、現金同様に投資信託などで運用していくタイプです。
払い戻しは現金となるため、通常の投資同様に利益は「利子所得」となり、所得税+復興特別所得税15.315%と地方税5%、つまり合計20.315%の税がかかります。
ただし、NISA口座などをうまく利用できると非課税運用ができます。
 
ポイント投資は、投資経験の少ない方々が投資を始めるきっかけにできる良いチャンスです。試してみてください。
 
 


株ちゃんの明日読み
3連休を前に様子見姿勢か

3連休を前に様子見姿勢か

21日の日経平均株価は、材料難の中での週末であり、3連休を前に様子見姿勢か。 クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗客で新型肺炎にり患していた2名が死亡したことが明らかとなり「海外投資家が日本の安全性に対し、いっそう厳しい視線を向ける可能性もある」との声も聞かれた。 為替市場で、ドル・円相場が1ドル=111円40銭台(19日終値は110円11−12銭)と円安に振れているが、売買が手控えられていることから、反応が限られる可能性もある     20日の日経平均は一目均衡表では雲上への回復とはならなかったが、終値ベースではプラスで終えた。高寄り後に上値抵抗...

為替市況コメント
米ドル円は一時111.860円まで上昇
【為替】米ドル円は一時111.860円まで上昇

[概況] 20日、東京外国為替市場の米ドル円は一時111.860円まで上昇し、堅調な展開となった。NY時間に発表された1月米生産者物価指数(予想:前年比1.6% 結果:前年比2.1%)や1月米住宅着工件数(予想:142.5万件 結果:156.7万件)などの米経済指標が市場の予想値を上回ったことなどが好感され、米ドル円は買いが優勢となっている。   現在、欧州時間に入り米ドル円は111.730円付近で推移。この後は、米新規失業保険申請件数(予想:21.0万件 前回:20.5万件)など米経済指標の発表が予定されており注目となりそうだ。 [提供:カネツFX...

相場概況(大引け)
78円高、買い一巡後は急速に伸び悩む
東京株式(大引け)=78円高、買い一巡後は急速に伸び悩む

【大引け概況】 20日の日経平均株価は続伸し、前日比78円45銭高の2万3479円15銭で終えた。 本日のマーケット動画 時間:00:00:49 容量:7.38M 過去のマーケット動画はこちら   取引開始直後は1ドル=111円台まで進んだ円安や19日の欧米株高に後押しされ、輸出関連株を中心に幅広い銘柄が買われた。しかし、新型コロナウイルスの集団感染が発生したクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗客2人が死亡したことが確認され、投資意欲は急速に冷え込んだ。日経平均の上げ幅は一時400円を超えたが、新型肺炎の感染...

ジャスダック市場(大引け)
日経ジャスダック平均は反落、投資家心理も急激に悪化
【市況】ジャスダック市場(大引け)=日経ジャスダック平均は反落、投資家心理も急激に悪化
 

日経ジャスダック平均株価は反落した。終値は前日比6円91銭安い3712円78銭だった。 朝方は前日の米国株高や円安進行などの外部環境の好転を背景に買いが先行して始まった。ただ、その後は新型肺炎に対する先行き不透明感が広がったことで、次第に買い見送り気分が強まった。 その後は、新型コロナウイルスの集団感染が発生したクルーズ船の乗客2人が死亡したと伝わったことにより、新型肺炎問題への警戒感が急速に高まり、投資家心理も急激に悪化する格好となった。 ワークマンやセリアは安い。半面、株主還元強化が好感されたブロッコリーは大幅高となったほか、TOB(株式公開買い付け)が発表された沢田HD...

東証マザーズ市場(大引け)
マザーズ指数は反落、戻り売りの動き
【市況】東証マザーズ(大引け)=マザーズ指数は反落、戻り売りの動き

東証マザーズ指数は前日比6.85ポイント安の823.30ポイントと反落。 前日の米国株式市場は、中国政府による景気支援策が好感され、主要3指数は揃って上昇。為替相場でも、1ドル=111円台と約9ヶ月ぶりの円安水準を回復したこともあり、マザーズ市場にも朝方から買いが先行した。しかし、円安進行が一服するなか、新型肺炎の拡大懸念も改めて意識され、次第にマザーズ銘柄に対する戻り売りの動きも優勢になった。 売買代金は概算で798.48億円。騰落数は、値上がり88銘柄、値下がり209銘柄、変わらず17銘柄となった。   個別ではミクシィ、リネットジャパングループ、ディー・デ...

相場概況(前引け)
207円高、大幅高後は伸び悩み
東京株式(前引け)=207円高、大幅高後は伸び悩み

20日午前の日経平均株価は続伸した。午前終値は前日比207円07銭高の2万3607円77銭だった。為替の円安・ドル高が急速に進み、トヨタや京セラなど輸出関連株を中心に買いが入った。日経平均の上げ幅は一時、400円を超えた。   外国為替市場で1ドル=111円台まで円安が進み、輸出関連や景気敏感株を中心に幅広い銘柄が買われる展開だった。 外国為替市場や米国では、中国での新型コロナウイルス感染者数の増加ペースが鈍ったことで、「投資家の間でリスクオンムードが高まった」形だ。東京市場でも外部要因の好転に歩調を合わせ、日経平均は上げ幅を広げた。   買い一巡後は利...

ジャスダック市場(前引け)
日経ジャスダック平均は続伸、買いが優勢
【市況】ジャスダック市場(前引け)=日経ジャスダック平均は続伸、買いが優勢

日経ジャスダック平均株価は続伸した。前引けは前日比11円88銭高い3731円57銭だった。日経平均株価が堅調な中、新興市場でも強気な投資家心理を映した買いが優勢だった。新型肺炎関連はきょうも物色が続き、中京医薬や重松製などが売買代金の上位に顔を出した。 ハーモニックが高い。TOB(株式公開買い付け)が発表された沢田HDが堅調だったほか、株主還元強化が好感されたブロッコリーは大幅高となった。 ジャスダック市場の売買代金は概算で316億円、売買高は7496万株だった。値上がり銘柄数は388、値下がり銘柄数は206となった。   個別では、グッドライフカンパニー、大谷...

東証マザーズ市場(前引け)
マザーズ指数は続伸、買い優勢
【市況】東証マザーズ市場(前引け)=マザーズ指数は続伸、買い優勢

20日前引けの東証マザーズ指数は前日比3.37ポイント高の833.52ポイントと続伸。 前日の米国株高や円安進行の流れを好感して買い優勢の展開。前日の米国市場では、中国で新型コロナウイルス感染者数の増加ペースが鈍化したことや中国政府による景気支援策への期待、米住宅着工件数などの良好な経済指標を受けて投資家心理が改善し、主要株価指数は上伸した。円相場も昨年5月以来約9カ月ぶりとなる1ドル=111円台前半へと円安が進んでいる。こうした流れから、日経平均も続伸スタート、リスクオンの流れがマザーズ市場にも波及している。指数インパクトの大きい銘柄群も買われている。 値上がり銘柄数は167、...

相場概況(寄り付き後)
大幅続伸スタート、米株高・円安を追い風
【市況】東京株式(寄り付き)=大幅続伸スタート、米株高・円安を追い風

【寄り付き概況】 20日の日経平均株価は続伸して始まった。始値は前日比265円88銭高の2万3666円58銭。 米国景気の底堅さを背景に外国為替市場で円相場が1ドル=111円台まで下落し、国内輸出企業の業績不安が後退したとの見方が強まり、買いが優勢になっている。 主力輸出株などをはじめ広範囲に投資資金が流入している。前日の米国株市場ではNYダウなど主要株指数が揃って上昇、ナスダック総合指数は連日で過去最高値を更新しており、リスク選好ムードが強い。 ただ、新型肺炎の感染拡大に対する警戒感は拭えず、買い一巡後は戻り売り圧力も意識されそうだ。   寄り付き時点...

カタリストコメント
「休載」
「休載」

「休載」   19日のNY株式市場でS&P500とNASDAQは過去最高値を更新。 中国本土での新たな感染者が2日連続で減少。 中国人民銀行は20日に銀行貸し出しの指標金利であるローンプライムレート(LPR)を引き下げる見通し。 「新型コロナウィルスを巡る状況は最悪期を脱したとの安心感が広がっている」という見方だ。 FOMC議事要旨で「年内の金利据え置きについて慎重ながらも楽観的な見方」が示されたことたことも好感された。 アップルが1.4%、エヌビディアが6.1%上昇。 1月の卸売物価指数(PPI、最終需要向け財・サービス)は前月比0.5%上昇。...

a