兜町カタリスト『櫻井英明』が日経平均株価や株主優待、投資信託、NISAなど幅広く紹介していきます。企業訪問を中心により密着した情報も配信中です。
会員情報作成
ログイン
初めてのお客様は、
『会員情報作成』から登録をお願い致します。
NYダウ3ドル高、様子見姿勢が強く
【市況】NYダウ3ドル高、様子見姿勢が強く

27日のNYダウ工業株30種平均は小反発し、前日比3ドル36セント高の3万3984ドル93セントで終えた。
米長期金利が1.6%台に上昇し、相対的な割高感が意識されるハイテクなど高PER(株価収益率)銘柄が売られた。半面、銀行や資本財など景気敏感株の一角が買われ、相場を支えた。
米国では、決算発表が本格化している。新型コロナウイルスのワクチン普及などを背景にした企業業績の回復を支えに、ダウ平均は高値圏で推移している。27日の引け後に、グーグルの親会社アルファベットやマイクロソフト、28日にアップル、フェイスブックが決算発表を予定しており、市場では、様子見姿勢が強く、小幅な値動きとなった。
 
28日には、バイデン米大統領の議会演説や米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長会見も控える。バイデン政権による医療・介護分野の投資計画への注目が集まっており、積極的な取引は控えられた。
 
長期金利上昇が利ざや拡大につながる金融のゴールドマン・サックスやJPモルガン・チェースなどが買われた。原油高を受けて石油のシェブロンも高い。機械のハネウェル・インターナショナルや化学のダウも上昇した。
 
一方、長期金利の上昇でハイテク株には売り圧力が強まり、スマートフォンのアップルが小安い。27日発表の2021年1〜3月期決算で通期の業績見通しを据え置いた工業製品・事務用品のスリーエム(3M)が売られ、ダウ平均の重荷となった。半導体のインテルも下げた。
 
28日にはバイデン政権が新たな経済対策と増税案を公表する見通しなうえ、今週は主要ハイテク企業の決算が相次ぐ。重要イベントを見極めたいとの姿勢から相場は方向感に欠けた。
 
ナスダック総合株価指数は3営業日ぶりに反落し、前日比48.560ポイント(0.3%)安の1万4090.216で終えた。前日夕発表の1〜3月期決算で先行きの販売台数見通しを示さなかった電気自動車(EV)のテスラが大幅安だった。
 
 
NYダウ工業株30種(ドル)
33,984.93+3.36
S&P500種
4,186.72−0.90
ナスダック
14,090.216−48.560
NY金(ドル/トロイオンス)
1,778.80−1.30
NY原油(ドル/バレル)
63.04+0.10
円・ドル
108.70 - 108.72+0.37
 


 

【シカゴ日本株先物概況】


27日のシカゴ日経平均先物は反落した。6月物は前日比180円安の2万9055円で引け、27日の大取終値を65円上回った。
発表された4月の消費者信頼感指数がパンデミック以前の水準を回復したため、回復期待を受けた買いが再燃し、上昇に転じた。ただ、米連邦準備制度理事会(FRB)が開催している連邦公開市場委員会(FOMC)の結果公表を明日に控えて様子見気配も強く、ダウ平均は小幅上昇にとどまった。ナスダック総合株価指数が下げ、日経平均先物の上値を抑えた。市場は28日の米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果やバイデン政権の経済対策の公表に注目している。
 
シカゴ日経225先物6月限 (円建て)
29055 ( +65 )
シカゴ日経225先物6月限 (ドル建て)
29070 ( +80 )
( )は大阪取引所終値比
 
 

【欧州株式市場】

■イギリス・ロンドン株価指数
FTSE100 6944.97(−18.15)
27日のFTSE100種総合株価指数は5営業日ぶりに反落した。前日の終値に比べ18.15ポイント(0.3%)安の6944.97で引けた。構成銘柄の7割が下落した。
上昇基調が続いたため、利益確定の売りが出やすかった。
株価指数は高値圏で始まったが、節目の7000ポイントを目前にして失速。米国株が軟化したのに歩調を合わせ、引けに掛けて値を下げた。
 
主力の鉱業株が下げ、相場の重荷になった。
個別銘柄では、朝方は好決算を手掛かりに買われていた石油のBPも下落に転じた。航空機エンジンのロールス・ロイスや航空大手のインターナショナル・エアラインズ・グループ(IAG)も下げた。最高経営責任者(CEO)の交代を発表した産業用ソフトウエアのアヴィバグループが安かった。
 
半面、銀行のHSBCホールディングスは4.0%高と大幅に上昇した。27日に発表した2021年1〜3月期決算が増益となったことが好感された。ロイズ・バンキング・グループなど他の銀行株にも買いが波及した。景気動向に左右されにくいとされるディフェンシブ銘柄の公益株も上げた。
 
 
■ドイツ・フランクフルト株価指数
DAX 15249.27(−47.07)
27日のドイツ株式指数(DAX)は反落した。終値は前日と比べて47.07ポイント安の1万5249.27だった。
28日の米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表を控え、前日上昇した銘柄を中心にいったん利益を確定させるための売りが出た。
個別銘柄では、ハイデルベルクセメントや料理宅配大手のデリバリーヒーローのほか、主力の自動車株も下げた。半面、医薬・化学大手のメルクやドイツポストは高かった。独長期金利の上昇を材料にドイツ銀行も上げた。
 
 
■フランス・パリ株価指数
CAC40 6273.76(−1.76)
a